スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
京都嵐山の旅 星のや篇【2日目】
hk-t_16

京都嵐山の旅 星のや篇【1日目】より続き

翌朝は部屋で朝食を頂けるということで、周りを気にすることなくまったりと食事を満喫しました。

食事の時間もかなり融通の効くサービスで、朝はゆっくりしたい派なんですという旨を伝えたら、9時過ぎでも大丈夫ということだったので、その時間に用意して貰うことに。

調理器具と料理を部屋まで持って来て頂き、担当の方が自分の部屋で簡単な調理までしてくれるという徹底したサービスにびっくり!

さらに料理そのものがとても美味しくて朝からとても気分が満たされました。写真では一見素朴な料理に見えるかもしれませんが、かなりハイレベルな味でした。

hk-t_17

記念日だということを伝えたら、サプライズとして赤飯を無料サービスで付けてくれてました!

hk-t_18

昨夜は暗くてよく見えなかった窓からの風景も良く見えます。桂川が近い!

hk-t_19

対岸にはトロッコ列車が走る様子も丸見え!しかも旅館の前でトロッコが停車し、乗客が一斉に何やらこちらに向けてカメラのフラッシュを焚きだしたので一瞬焦りましたが、仲居さんによると『星のや 京都』が一応観光風景の一部になっているらしくそれで旅館を撮影する人が多いとのこと。でも部屋の中の様子までは向こうからは分らないらしいのでちょっと安心。しかしスゲーな。

hk-t_20

とにかく非の打ち所の無いサービスで満足しきりの滞在でした。名残惜しさも感じつつ、正午にチェックアウト。(見えなくなるまで手を振り続けてくれてるw)
行きと同じく今度は桂川を小舟で下りながら渡月橋の桟橋まで向かいます。

hk-t_22

昨日から気になっていた渡月橋にある『本家櫻もち 琴きき茶屋』へ寄り道。

hk-t_21

桜餅食べたどー!
ありえないぐらい美味しい!
正直今まで食べた桜餅の中でダントツ1位です。

再び嵐山界隈をぶらぶら散策。オルゴール博物館やら雑貨屋やら色んなお店を見つつ、ちょっと遅めの昼食をとりました。

hk-t_23

鯛茶漬けで有名な『HANANA』さん。
ここもめちゃくちゃ美味しかったです。

hk-t_24

軽く昼食をするつもりが、結構がっつりテーブルに並びますw

hk-t_25

せっかくなので京都の地ビールも頂きました。アンバーエールとケルシュ。
アンバーエールはフルーティで飲み易く、ケルシュはすでに名前からも伝わってきますがドイツビールっぽい深みがあって美味しかったです。

hk-t_26

始めは鯛そのものの味を楽しみます。タレは胡麻と醤油をベースにしたもの。これが鯛刺に絶妙に合う!

hk-t_27

そしてダシ汁を加えてお茶漬けに!言わずもがな美味しかったです。

hr-t_28

そして食後のお漬け物も種類が豊富!さすが京都という感じで美味。

今回の京都嵐山は初の旅行でしたが、かなり気に入りました。

新幹線を使えば意外とすぐだし、また機会があったら遊びに来たいですね。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/03/12 23:46】 | 国内旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京都嵐山の旅 星のや篇【1日目】
hk-t_1

この連休は京都の嵐山へ旅行へ行ってきました。
旅の目的は嵐山散策もあるんですが、むしろ観光よりも宿泊する『星のや 京都』滞在を堪能するのがメイン。
もともと国内旅行は自動車を運転して行く派なんですが、今回は目的地が嵐山ということもあって電車&徒歩の方が動き易いと思い、いざ新幹線に乗り込みGO WEST!昼頃に京都駅着。やっぱり新幹線速いわ!ブラボー。

hk-t_2

京都駅からJR嵯峨野線で嵯峨嵐山駅へ。もう駅を降りてすぐに情緒のある街並が始まる感じで、15分程歩けば渡月橋に到着!

hk-t_3

それにしてもこの日は夏かと思う程気温が暖かく、とりあえず一発目にゆばソフトクリームを食べました。

hk-t_4

そして初の渡月橋!想像していたよりも橋も大きく川幅も広くてとても気持ちの良い景色が見られる場所でした。

hk-t_5

川を渡って、少し歩いたところに星のや専用の桟橋と船の待合用建物があります。日の暮れる前までに桟橋に来ればここから小舟に乗って川を上り宿まで連れて行って貰えるとのことなので、ひとまず荷物を預けて日暮れ前までに嵐山エリアを散策することに。

hk-t_6

『天竜寺』

hk-t_8

『野宮神社』

hk-t_7

『竹林の道』

hk-t_9

『よーじやカフェ』

hk-t_10

ラテアートに凄みを感じたw

hk-t_29

hk-t_11

『湯豆腐の嵯峨野』

18時頃桟橋に到着。
もう辺りもだいぶ薄暗くなっていたのでまだ船があるか心配でしたが、まだ乗れるとのことだったのでひと安心。次の船が到着するまでコーヒーとお菓子を頂きながら待合所で休憩。
待合所の佇まいも趣があってとても良い雰囲気でした。

いざ小舟に乗って宿へ。

hk-t_12

夕方から夜へ、日が暮れるタイミングでの桂川から眺める景色はとても幻想的でした。

桟橋からそのまま崖の階段を登ってチェックイン。正に秘境の隠れ宿といった趣に感動!

オフシーズンというこもともあって幸運にも角部屋にあたる一番奧の部屋に案内して貰いました。

hk-t_13

普通の旅館やホテルと違って、宿泊客ごとに個別の建物が一棟ずつ用意されていてとても特別な感じを体験できます。完全にプライベートな空間と時間を満喫できるこのシステムは本当に贅沢なサービスだと思いました☆

hk-t_14

部屋にあった星野リゾートの小冊子。デザインを仕事にしている身から見ても、普通の旅館案内とは趣向を変えたアプローチで洒落た作りだと思います。

hk-t_15

宿泊棟とは別の離れにパブリックスペースとしてのラウンジ棟があって、チェックインカウンターもここにあります。ここではドリンク類やお菓子をセルフサービスで自由に飲み食いしたり、CDやDVDや書籍を自分の部屋まで借りられる様になっています。もちろんここで好きな椅子やソファーでくつろぎながら本を読むことも出来て24時間開放されています。

部屋に置いてあったオリジナル選曲のリラクゼーションCDもなかなかセンスが良い選曲で、個人的にとても気に入ったので是非曲目リストを教えて頂けないかとフロントに伝えたら、丁寧に便箋にリストを印刷し封筒に入れた状態でチェックアウトの際に用意してくれました。こういう細かい要望にも快く丁寧にサービスをしてくれる姿勢がとても好印象でした。

【2日目につづく】

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/03/11 23:45】 | 国内旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GW 東京アート散策【3日目】
GW 東京アート散策【2日目】より続き

nihonb_2

うーん!いい天気。

さて、今日はもう帰るだけなのでそんなにスケジュールを決めていないんですが、東京駅での手荷物のやりくりに意外と時間と手間がかかることになり(コインロッカーは11時の時点で全て使用中、残るは約60分待ちで手荷物預かり所を利用するという選択肢のみ!)近場をぶらり散歩して帰ろうということに。

nihonb_1

で、やってきました日本橋!

記憶に新しい東野圭吾の推理小説『麒麟の翼』でも登場した場所ですな。

東京駅からぶらぶら歩いてちょうどお昼時でお腹も空いていたので、橋のすぐ手前にある『ニホンバシ イチノイチノイチ』という和食屋さんで昼食。

和食屋さんとはいえ昔ながらのというよりはかなりモダンな印象。東京らしいとても洗練された店構えでした。
そしてなんと川沿いのテラスでも食事が出来るということで、迷わずテラスへ案内してもらう。

nihonb_3

銀鱈の西京味噌焼き。

いやー和むわぁ。

テラスから良く見えましたが、日本橋川ではクルージングも行っているんですね。全然知らなかった。

つーか、水上バイクも走ってたぞ!意外とアクティブな場所なんだな。

rpg_1

と、そのとき使徒襲来!!!!

…。

いいえ、六本木です。

食事を終えてメトロで森美術館へやって来ました。

さすがに展覧会を見る時間の余裕は無いですが、デザインショップに寄ってみたかったので。

後は残りの時間で東京ミッドタウンへ行ってみることに。ここからなら距離も近いしね。

rpg_2

途中工事中の柵でこんなの見つけた。なかなかオモロい。

ただ、これ本気でやろうとすると歩道の幅が狭いため道路に飛び出すことになるので注意…!w

tmt_1

とう! 東京ミッドタウン参上!

でかっ!

tmt_2

隣はあのコナミ本社なんですね。

これは『こちらスネーク』よろしく『潜入完了!』してみたかったんですが、扉は固く閉じられていました。

やはり段ボールを持ってくるべきだったか。

tmt_3

ミッドタウンのエントランス手前のプラザと呼ばれるエリアは天井がまるでイタリアのガレリアの様。

そんなにゆっくりも出来なかったんですが、商業施設と呼ぶにはあまりに広大で、実際、ザ・リッツ・カールトンやサントリー美術館、他にもオフィスや病院、公園などが集まる巨大な複合施設。
たとえ1日あっても全部見て回るのは大変そうなエリアということは良くわかりました。

これはまた次回時間を作って来るしかないなぁ。

そんなこんなで、3日目はかなりまったりと時間を使いましたが、そろそろ帰らねば。

今回の旅路をおさらいすると、

『原美術館』
『国立新美術館』
『2k540 AKI-OKA ARTISAN』
『3331 Arts Chiyoda』
『森美術館』
『東京ミッドタウン』

まーなかなか充実した日程でした♪ よう歩いた。

tmt_4

帰りの新幹線ではGRANSTAで買った浅草今半のお弁当をいただきました。

うまシャス!!

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/05/14 22:22】 | 国内旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GW 東京アート散策【2日目】
GW 東京アート散策【1日目】より続き

aoa_1

さて2日目の今日は、今回の旅のメインディッシュ『大友克洋 GENGA展』に照準を合わせての行動ですが、チケットは16:00スタートの券なのでそれまでに色々と観て回れそう。

ということで、場所も近いし以前から興味のあった2k540 AKI-OKA ARTISANに参上!

ここはJR山手線の秋葉原駅から御徒町駅間の高架下にあります。2010年にオープンしたばかりなのでまだとてもきれいでした。アルチザンの言葉の通り、近郊で活動している職人的なクリエイターによる店舗が軒を連ねています。

aoa_2

目当ての一つだったのが、洗練された木製製品を扱う『Hacoa』さん。

やっぱり手に取って実物を見ると感動します。

すごく欲しいものがたくさんあったのですが、良いものはやはりそれなりに高価なものが多く、小遣いで旅に来ている身としては今回は泣く泣くガマン…。でもインターネットでも購入出来るみたいなので、また今度じっくり吟味することにしようw

他にも魅力的な職人のお店がたくさんありましたが、今回かなりの比率で心を奪われてしまったのが『STUDIO UAMOU』さん。

UAMOU(ウアモウ)という名前のキャラクターグッズを制作・販売していて、これがまた可愛い!

aoa_4

財布の紐を固くしていた今回の旅ですが、テンションが上がり過ぎて思わず記念に購入してしまいましたw

色々な所で精力的に個展も行っているみたいなので、今後もマメにチェックしてみよう。

あと、びっくりしたのが『トウメイ』というアクリル樹脂を使った作品を扱っているお店の前に凄くマニアックなガチャガチャがあって個人的に盛り上がってしまった。

aoa_3

おそらくデザイナーの人しか解らないかも(?)しれない、『大日本タイポ組合』のガチャガチャ!

こんなの見た事ない! レアすぎる!www

自分は本で読んだりして以前からファンだったんですが一応解説すると、『大日本タイポ組合』さんは2人組のユニット。日本語やアルファベットなどの文字を一度バラバラに分解して、それをユニークな組み合わせで再構築することによって、新しい文字を生み出している実験的タイポグラフィ集団です。

こちらも思わず、回してしまったぜ。いや、回すでしょう!

さっきから一気に財布の紐が緩みっぱなし…w おそるべし2k540 AKI-OKA ARTISAN。

そんなこんなで時間も近付いてきたので、そろそろ『3331 Arts Chiyoda』へ移動。

御徒町からはホントに歩いてすぐ。

ac3331_1

ここはは、東京都千代田区にある文化芸術施設で、閉校した区立練成中学校の校舎を再利用して改修し、2010年にオープンしたばかり。前述のアルチザンもそうですが、街全体がアートを中心に活気づいている空気感がとても良いですね。

ac3331_2

さぁ!ついにやって参りました!

『大友克洋 GENGA展』

ac3331_3

in『3331 Arts Chiyoda』

ac3331_4

事前にインターネットや本で調べて知識は入れていたけど、ここホントに中学校そのまんまですねw

壁とかはきれいに改修されてはいるものの、なんだか妙な懐かしさと新しさが混じり合ってなんとも言えない独特の雰囲気を持った施設です。

ac3331_5

原画展は本当に素晴らしく、遥々東京まで観に来た甲斐のある充実した内容でした。

特にカラー原稿の彩色の技法や、緻密な描写における原稿作成においては紙を切り貼りしてレイヤー構造を成しているのを見て、DTPも充実していなかった80年代当時からこういう発想で原画を作成していたのかと思うと驚愕しきり。まぁ写植的な観点から見れば自然な発想といえばそうですが… それも今自分がデザイナーとして生活しているから解ることであって、当時小学生だった自分にとっては知る由も無く、本当に新しい発見がたくさんあって面白かったです。

トーン削りのテクニックとかモアレの使い分けとか、もう完全に職人技でした。

ac3331_6

そして… 憧れの金田のバイクとついにご対面!

そりゃもう、バッチリ乗ってきましたぜ。

なんとゴーグルとグローブとジャケットもフル装備することができます!

よく考えたら結果的にこれが人生初のコスプレでしたw

ac3331_7

いやー濃密な一日だった。

この日の夜はふらっと立ち寄ったスペイン・バル。

ac3331_8

ここがまたあり得ないぐらい料理が美味しくてビックリした。

これまた人生初のバーニャカウダも体験して、すっかり虜に。

なんか今まで先入観だけでバーニャカウダってなんかチャラいなーと思い込んでいたんですが、前言撤回。

美味いわ。そりゃ流行るよ。

ソースもそんなに難しくなさそうだから今度自宅で手作りに挑戦してみよう。

ac3331_9

そしてパエリアは言わずもがな鉄板!(上手い事言ったわけでなない 汗)

ac3331_10

楽し過ぎて結局閉店ギリギリまで飲んでましたw

【3日目につづく…】

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/05/12 15:56】 | 国内旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
GW 東京アート散策【1日目】
ということで、今年のGWは2泊3日で東京旅行へ行ってきました!

普段は、例えば夏フェスとかTDLとかに行く時でも移動は自動車派なんですが、今回はなにぶん行きたいスポットが都市のど真ん中なので、効率重視で新幹線をチョイス。

hara_m_1

予定通り午前11時には東京に到着。

いやー新幹線ってラクですなぁ。

厳密に言うと品川ですがw

そう、まずは品川にある原美術館からスタート!

hara_m_2

以前からずっと気になっていた原美術館。なかなか観たい展覧会とスケジュールが噛み合なかったんですが、今回憧れの杉本博司さんの個展『杉本博司 ハダカから被服へ』がここで開催さているということで、馳せ参じてみましたw

hara_m_3

東京で杉本さんの個展を観るのは2005年の森美術館の時以来です。

展示の内容は、過去の作品も引用しつつも、テーマを “衣服とハダカ” に当てた人類史における衣服の歩み。

その被写体は石器時代から始まって、現代で活躍する代表的なファッションデザイナーの作品にまで至ります。

緻密に撮られた写真を観ていくことで、人類の長い歴史における服飾史を解りやすく理解できる仕組みになっていてとても興味深かったです。

hara_m_4

館内にはカフェも併設していて軽い食事をすることが出来ます。けっこう美味でした♪

その時の催事のテーマに合わせたイメージケーキというものがあるんだけど、コレが凄かったw

hara_m_5

はい、おさらい。

今回のテーマは『杉本博司 ハダカから被服へ』

hara_m_6

そういうことね!

実体は白桃のムースです。衣服をイメージした上のパリパリしたものももちろん食べられます。たぶん薄く延ばしたピザ生地みたいなものかと。

それにしてもインパクトありすぎw 妙にリアルだし。

shin_m_1

原美術館で昼食を済ませ、次に訪れたのはココ!

給水塔ではありません。

shim_m_4

5年前にオープンしたばかりの国立新美術館です。

建物のデザインがユニークでここも以前から気になっていた場所。

さっきのコンクリートの塔の天辺にはカフェやレストランがありました…!

shim_m_2

なんちゅー前衛的な。

ここでは、『セザンヌ展』と『大エルミタージュ美術館展』の2つの企画展を催していました。セザンヌは以前に別の展覧会で観ていたので、今回は『大エルミタージュ美術館展』を観てきました。

ロシアには今後も到底行く機会がなさそうなので、こうやって国内でエルミタージュ美術館の所蔵品を観られるというのはかなり貴重な経験です。

特にバロックからロココ期の絵画に惹かれました。ゲランとかクロード=ジョゼフとか本当に絵に吸い込まれそうな感じ!

shim_m_3

結局閉館ぎりぎりまで居ましたが(午後からじゃしょうがないw)国立新美術館を後にして次に向かったのは銀座!

lin_c_1

夕食前でしたがちょっと小腹に入れたかったのと、ここもちょっと気になっていたお店ということで訪れたのは『リンツ ショコラ カフェ』

スイス発祥のチョコレート店で、純度の高いカカオが印象的。

lin_c_2

オリジナルのアイスチョコレートドリンク。

あたかもプリントされたかのようなユニークなグラスですが、実際はチョコレートで描かれた模様。スプーンで削って食べられます。かなり甘い!

lin_c_3

銀座店限定のプロフィットロール・アイスクリーム。

シューアイスに温かいチョコレートソースが掛かっていて、シューを崩すと中から溶け出した冷たいバニラアイスとチョコが絡み合って絶妙!

lin_c_4

いやー美味しかった♪

【2日目につづく…】

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/05/09 20:46】 | 国内旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。