スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
インヒアレント・ヴァイス


この春に必ず劇場へ観に行く気満々なのが、映画『インヒアレント・ヴァイス』

なにせ自分は、かなりのPTA崇拝者なので。

ここ何作かハードな内容の作品が多かった印象だけど、今作は予告を観る限り、凄くいい感じで往年のPTA作品らしさが滲み出ていてとても楽しみ!“『ブギーナイツ』探偵版” な香りがプンプンしてきますw

『ザ・マスター』に続き、PTA組常連になりつつあるホアキン・フェニックスの演技も気になるところ。

大好きだったフィリップ・シーモア・ホフマンがもう観られないのが本当に残念で仕方がないけれど、新しい看板役者として味が出て来るといいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

【2015/03/14 12:23】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TARSに惚れた
interstellar_p_1

計画通り、クリストファー・ノーラン監督の最新作『INTERSTELLAR』を観てきました!

公開初日朝イチの上映回をIMAXシアターで予約するという万全の態勢!

もう、バッチリ期待に応えてくれる傑作で大満足。

内容がちょっとミステリアスなだけに、ストーリーの軸に関わることについては触れませんが、そういった謎解き要素も含めて面白かったです。

SFファンにとっては、なかなかツボを心得たストーリー展開や登場人物が現れたりして、特に往年の名作『2001年宇宙の旅』や、それこそ『STAR WARS』シリーズに影響を受けて育った世代としては色々な意味で楽しめました。(かなりビックリするサプライズもありw)

予告編を観ただけで涙腺を刺激された自分ですが、実際に観ても… 泣いたさw

ただ、そこからさらに、思っていた以上に話が壮大で面白く、たまに予告映像が結局作品のハイライト全てだったね…という残念なパターンがありますが、今作はその逆で予告映像では全く想像出来ないストーリー展開や迫力映像がたくさんあって、そういう意味ではもう少し色気を出して広告展開をしても良かったんじゃないかなぁと思いました。

とりあえず、あと最低でも2回は観直したい気持ちがありますが、なかなかそうもいかないので早くBDがリリースされないかと心待ちにする今日この頃:)

ちなみにタイトルのTARSについては、映画を観れば解りますw

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2014/11/23 21:31】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
INTERSTELLAR


息子の成長を見るのが最高に楽しい毎日:)

おかげさまで子育てが生活の中心になって、春から一度も映画館へ行っていませんが(これは映画ファンの自分の中ではもの凄い変化!)、このクリストファー・ノーラン監督の最新作『INTERSTELLAR』はどうにか時間を作って劇場で観たいと思っています。

もう予告編だけで涙腺のスイッチが入りそう。

この秋、最も楽しみな映画作品の1本。

テーマ:全米公開直前の映画 - ジャンル:映画

【2014/09/18 20:04】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SKYFALL
skyfall

映画『スカイフォール』を観てきました!

何を隠そう007は小学生の頃から大好きなので、シリーズ生誕50周年の記念すべき第23作目の今作品を観ないわけにはいかないでしょう!

とりあえず、6代目JBのダニエル・クレイグ作品の中では一番面白かったです。

シリーズ全体ではやっぱりロジャー・ムーアが好きなんですが、『カジノロワイヤル』でリブートされたと言っても過言ではない6代目シリーズとしてはようやくテンションが上がってきたという印象です。

ダニエル・クレイグ版は映像も内容も一貫して硬派な感じが良いですね。JBは相変わらずイケイケですがw

今作の肝の一つはやっぱりサム・メンデス監督の手腕も大きいと思いました。

それにしてもハビエル・バルデムの演じるシルヴァの気持ち悪さは圧巻!

007シリーズにおける敵役としては大正解w

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2012/12/15 20:37】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プロメテウス
prometheus

先行上映で、映画『プロメテウス』観てきた。

シリーズファンとしても納得出来る面白さ:)

オリジナルからよくぞここまで話を拡げたなぁ…

オープニングからいきなり息をのむほど美しい映像のシークエンスにリドリー・スコット監督の凄みを感じたけれど、今作の最大の功労者は脚本に携わった方々だろうなと思った。

基本にあるのはSFホラーというジャンルなので、そういう観点からもなかなかストーリーの面白い部分をレビューで触れてしまうとネタバレになりかねないという理由であまり触れられないんだけど、ホラー映画という要素を脇に置いてSFというジャンルに焦点を絞っても、超古代文明の謎の解明に通じる様な、あくまでフィクションだけれどもなかなか面白い事実が(エイリアン シリーズにおいて)色々と浮上してきて知的好奇心を刺激されます。

ただ完全に、エイリアン シリーズをある程度観ていて、世界観がなんとなく頭に入っている人達に向けて作られている感じなので、全く知らずに観るよりはちょっと予習もしくは復習が必要な作品だと思いました。

噂では今作とエイリアン第1作の間のエピソードを続編として製作する話(ややこしいなぁw)もあるみたいなので、ちょっと楽しみ:)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/08/18 23:08】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。