スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
地球ぶらり旅(ヨーロッパ編 4)
カンヌにあった公衆電話。

さすが、映画の街。

旧市街の方まで行くと細い路地が坂道になって入り組んでいて、とても情緒があります。

cannes_1

話は全く変わりますが、最近カメラに凝ってる後輩の影響か、なんとなく無性に一眼レフが欲しくなって来てしまいました。

まー先立つものが無いのでどうもこうもないんですけど…

ちょっと本気で貯金始めようかなーw


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

【2007/09/30 23:57】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついに完結?
浦沢直樹の漫画「20世紀少年」の最終巻「21世紀少年・下巻」を帰宅途中に寄り道した本屋で発見&即買い。

さっき読み終えましたー。

感想は… うーん? あれだけ盛り上げて話を引っ張った割には、なーんか釈然としない終り方だったような…。

てゆーか色んなミステリー要素が交錯し過ぎて、登場人物が把握しづらくなってたんだなぁ。

もう一度始めからまとめて読んだら色んな布石の関係が見えてきて面白いのかも。

“ともだち”の正体らしき人物の名前をケンヂがぼそっと口に出すシーンがあったんだけど、「あぁ!あいつか!」ってならなかったもん。
前作「MONSTER」が傑作だった分、期待し過ぎていたのか。

浦沢漫画の大ファンなだけに、どうにもスッキリ出来なかった自分に対して読み込みが足りなかったのだと、ツッコミをいれつつ。

ちょっと時間のある時にもう一度読み返したいと思いマス。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

【2007/09/29 21:06】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
物欲の秋
そして… どっちかって言うとこの秋の本命アイテムはこっちなんだけどさー。
 
U2のキャリア史上もっとも大規模なものとなった1997~98年のワールド・ツアー〈POPMART TOUR〉の模様を収めたライヴDVD「Popmart Live From Mexico City : Deluxe Edition」

popmart


輸入盤が25日にリリースっていう情報は7月頃に入手したんだけど、日本版の発売日は未だに未定なんだよね…

日本版の方が特典仕様とかが充実していそうだから出来れば日本版の方を手に入れたいんだけど。

むー。いつになるんじゃろうか…

週末CD SHOPへ出掛けて確認してこようかなぁ。輸入版に手を出してしまいそーw


テーマ:懐かしの洋楽映像 - ジャンル:音楽

【2007/09/27 00:48】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Oblivion With Bells
Underworldの新作。前作「Hundred Days Off」以来5年ぶりのオリジナルアルバムが10月15日にリリースされるらしい!

あー楽しみ。

とりあえず今のところは先行シングルの「Crocodile」しか聴いたことがないけど、発売日まではせめてタイトル名から音を想像して楽しみたいと思います♪

underworld

『Oblivion With Bells』

1. Crocodile
2. Beautiful Burnout
3. Holding The Moth
4. To Heal
5. Ring Road
6. Glam Bucket
7. Boy, Boy, Boy
8. Cuddle Bunny vs The Celtic Villages
9. Faxed Invitation
10. Good Morning Cockerel
11. Best Mamgu Ever


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2007/09/25 23:01】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ほんとに秋?
と、疑ってしまいたくなるほど、暑いんですけど。

どーなってるんじゃろ、この残暑わ。

こんな暑い夜にはきもだめしとかやって涼しく… なるわけねー!

なんて思う擦れた大人になってしまったわけなんですが、以前から気になってしょうがない富士急ハイランドのアトラクション「戦慄迷宮」がこの秋から、期間限定で「戦慄迷宮 EX. バイオハザード」と称してなんとあのホラーゲームの金字塔「バイオハザート」とコラボするらしいデス。

ここで重要なのが、“本格的シューティングホラーアトラクション”と銘打っているところ。つまり…武器持っていいってことデスカ? 前からずっと興味のある「戦慄迷宮」ですが、普通に体験しても出てくるまで1時間かかるという噂のお化け屋敷。

バイオも慣れりゃ1時間程度で1エピソードクリア出来るぐらいだから、どうやら凄いことになりそうだ。

てことは謎解きなんかもあるのか?

「どうやら何かをはめ込む穴のようだ…」

みたいな呟きを自分の脳内でやるってことなのか?  うーむ、気になる。

でも、「バイオハザート アウトブレイク」みたいにグループパーティ制だと、めちゃくちゃ足引っぱりそうでヤダなぁ…w 

初期装備ロケラン、弾無制限でおながいしまつ。

よォーし、今からコレ見て動き方の練習だっっ!w




テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2007/09/19 23:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RAKUGAKI-21
久しぶりにラクガキ。

友人がSAIを魅力たっぷりに語るもんだから、Photoshopでもガンバってみる。

ペンタブも無いすっぴん初期装備なので、全部マウスで描いているところがミソw

ichigo

制作時間:46分。

次回はもっと自由に描きマス。

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

【2007/09/15 15:16】 | イラスト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
RED WING
ついに、念願のRED WINGを手に入れました!

redwing_1

久しぶりに買い物に出掛けたんだけど、始めは特に何を買うとは決めていなくて、敢えて言うなら今履いているCHIPPEWAのブーツも大切に手入れをしてきたけど、結構な年数経ってるし、そろそろ新しいのが欲しいなぁ… ぐらいの感じだったんですが。

なんとなく思いつきで入った靴屋でブーツを物色していたら、RED WINGの正規販売もしているお店で、ちょっと見入ってしまった。

店員さんがいろいろ解り易く解説をしてくれて、ちょっと購買欲が上がりつつあったところで、次期ニューモデルだけど全国販売は未決定のベックマン・ブーツの新作を紹介してくれた。

なんでも特別に全国で4店舗、この地区ではその店舗だけで各サイズ1足ずつしか置いていないものらしくて、公式には未発表のアイテム。
品番:9010。

よく見るプレーントゥタイプのベックマン・ブーツとは違ってパッと見モックトゥタイプのアイリッシュセッターみたいな形をしているんだけど、色が良いんです。

redwing_2

通常の赤にオイルを深く染み込ませて凄く深みのある感じに仕上がっていて品番シールにはBLACK CHERRYと表記されています。

くるぶしの場所によく見る通常の刻印が無いタイプで珍しいです。

ソールの部分もちょっと凝った作りになっていて、完全に一目惚れしてしまいました。

結構高価だったので、すごーく悩みましたが、サイズがピッタリなのがちょうどあったのと、靴は個人的に趣味がうるさくてなかなか良い出会いがないと購入まで至らない性分なので、このチャンスとタイミングはやはり「運命」と、一方的な思い込みにより、お買い上げ~♪

めちゃ嬉しい。今度は10年履くぞー!


テーマ: - ジャンル:ファッション・ブランド

【2007/09/09 23:19】 | ファッション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スクラッパァァーアァァッッ!!
Yahoo!ニュース読んで、ディ・モールトッ! びっくらこいた!

荒木飛呂彦先生のイラストが、米科学誌「セル」の表紙を飾ったらしい。

cell

HOLY SHIT!! かっちょぇー!!

同誌に掲載された日本人研究者の研究内容をイメージ化したものらしく、内容は、神経細胞間のつなぎ目に当たるシナプスで神経伝達の調節に関与するたんぱく質の発見に関するもののようです。

自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の瀬藤光利准教授らは、人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)の解析と、遺伝子組み換えマウスを使った実験でこのたんぱく質を発見。神経伝達に直接かかわる他のたんぱく質を分解することから、壊し屋を意味する「スクラッパー」と名付け、荒木さんの作品のファンだった瀬藤准教授が、つてをたどって論文内容のイメージ化を依頼したみたいです。

もう、どこからどう見ても新手のスタンドだもんね♪

しかし、権威のある医学分野の冊子の表紙を日本漫画の作家が飾るなんて、いくら関係者がファンだったからって実現しちゃうなんてホントに凄いな。

これも『重力』の存在によって起きた事象で、『運命』の出会いなんだろうか。

いや、そうなんだろう。きっと…


Yahoo! ニュース 時事通信より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070907-00000019-jij-soci

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2007/09/08 00:19】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
D.B. meets Hollywood?
いままで何度か噂になりつつも、なんだかんだ言って実現するのは無理めなんじゃない?と思っていたんだけど、どうやらついに具体的にプロジェクトが動き出しているような、漫画「ドラゴンボール」の映画化。

どうやら映画化権はアメリカの20世紀FOXが手にしているようだけど、来年の夏までにはクランクアップする予定らしい… 

だがしかし、映画業界の噂にはよくありがちな事実として現段階ではキャストも脚本も監督も決まっていないようなので、どうなることやら。

それにしてもホントに実写映画化するとして、孫悟空の役は一体誰が演じるんだろう…。

鳥山先生の絵は実写化された他の漫画作品やアメコミの様にリアルなタッチではなくて、独特の筆跡とデフォルメ表現が最大の魅力の1つだと思うので、自分としては原画のコミック以外のメディアで表現されたものに関してはあんまり歩み寄れないんだよねー。

TVアニメですらちょっと違和感を感じてしまうくらい。

マニアックっちゃぁマニアックだけどさ。

それはそれとして、映画「マトリックス・リローデッド」の戦闘シーンなんかは「ドラゴンボール」の戦闘シーンそのものだったよなぁ…
あんな感じの発展型になるんだろーか。

と、なんだかんだ言ってももし映画化されたらそれはそれで劇場に足を運んでしまいそーな自分もいたりして。

色んな意味で今後が気になる噂デス。

db
じっちゃんのかたみ☆


テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

【2007/09/06 22:24】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デス・プルーフ
deathproof

爆笑!最高!壮快! スッキリボタン連打!!

1日の夜、最終の上映回に席を取り、観ました。
もー面白過ぎて今年前半に観た映画の作品名が思い出せなくなったぐらい、ホントに。
深夜で人がまばらなのを良いことにゲラゲラ笑ってました。

言わずもがな、クエンティン・タランティーノ監督の最新作。

「KILL BILL」の時は広告も大規模なキャンペーンをやっていたせいか、普通にしていても結構前情報が入ってきたり映像を目にすることが多かったから、無意識的にも作品に対する先入観みたいなのが出来上がっていたのが少なからずあってそれがちょっと心残りだったんだけど、今回はほとんど前情報を入れず、ロバート・ロドリゲス監督と一緒に濃いB級映画を作るらしい、というぐらいの知識したなかったこともあって、素直に作品を楽しむことが出来たので良かったです。

なので、ホントはこういうレビューとか読まずに観るのが一番だと思うんだけど…

話の軸は、口説いた女性をスタントカーに乗って殺してしたい性癖を持つ変態ドライバーと、彼に狙われたギャル達が織り成すスラッシャー映画。

前半は会話劇がひたすら続く感じで正直ちょとダレてきそうになってきたけど、事件が起きて後半に突入するあたりから加速度的に(いろんな意味で)面白くなってきてラストまでアドレナリンが出っ放し。

エンドロールに入る終り方のタイミングもバッチリで(曲もね♪)、自分の中での好きなタランティーノ作品ランキングでは「ジャッキー・ブラウン」を抜いて3位にランクイン。

そして、カーチェイスのスゲーと思う映画ランキングでは「ターミネーター2」よりT-1000型とジョン・コナーのカーチェイスシーンと、「マトリックス・リローデッド」よりハイウェイでのカーチェイスシーンを抜いて堂々の第1位を獲得!(俺基準ですが…)

そうです、この作品の見所は随所にちりばめられた小ネタもさることながら、やっぱりカーチェイスでしょう!(ラップダンスも捨てがたいけど)

カート・ラッセル扮するスタントマン・マイク(このネーミング自体にウケるw)とブチ切れギャルチームとのダッジ・チャージャーVSダッジ・チャージャーのガチ対決はマジで痺れます。
エンジン音を始めとするSEも凝っていて大迫力なので、興味を持った方は劇場で観賞することを迷わずオススメします。

余談ですが、映画を観た帰りに深夜の交差点の信号で止まっていたら、対向車線の赤いトレノがいきなりこっちの車線に走り出して凄いスリップ音を響かせながらドリフトで3回転してから元の車線に戻ってそのまま走り去っていったんだけど、怒りや呆れの感情が湧く以前に「おぉー!」と思わず拍手してしまった自分がいました。
もうまさに「デス・プルーフ」観た直後の出来事だったから感覚がマヒしてたんだろうなぁ… こわいこわい。
それにしても、ヤツらはなんであそこでドリフトしたんだろw ほんの赤信号の間の一瞬の出来事でした。


映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」Official Website
http://www.deathproof.jp/death_proof/dp.html

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/09/02 02:10】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。