スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
旅立ちの唄
またまた、後輩が貸してくれましたw

発売日ホヤホヤやのに… ホンマ、ありがとう ;

tabidachi

はじめて聴いた時は、「あぁー良い曲やね~♪」ぐらいの感じだったんだけど…

じっくり聴くと…

めちゃくちゃ良い曲ですね、これわ!

2曲目の「羊、吠える」もなかなか深くて、気に入ったけど、やっぱり「旅立ちの唄」だなー。

映画のタイアップもあってCMとかでバンバン流れているけど、ちゃんと聴くのは、夏のHOME TOURで聴いて以来です。


スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

【2007/10/31 23:53】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マン・マミーヤ!
早速実家に戻って取ってきましたー!

MamiyaのZE QUARTZです。

mamiya

高校生の時に父親から譲り受けたもので、貰った当初は面白がっていろいろ撮影していたものの、まだまだ若かった当時の自分にとっては出掛ける時に一緒に持って行くとなると、ちとサイズに機動性が感じられなかったため、コンパクトカメラの方がメインになってしまったのだ…

それでも、フィルムカメラとしては機能もちゃんとしてるし、とりあえず改めてメンテナンスもし直したので、これを機会にもう一度フィルムカメラを基礎から勉強し直そうかなと思いマス。

Mamiya ZE QUARTZのスペックはこんな感じ。

発売:1980年7月
型式:35mm判 フォーカルプレーン式一眼レフカメラ
画面サイズ:24×36mm
レンズ:マミヤセコールE 50mmF1.7(5群6枚構成)
レンズ交換可能(バヨネットマウント)
ファインダー:固定ペンタプリズム一眼レフ 倍率0.85(標準レンズ・∞)
シャッター:電子フォーカルプレーンシャッター(縦走り式金属幕)
シャッタースピード:オート1~1/1000秒 
巻き戻しクランク式
シンクロ:X(1/90秒)接点 自動設定 1/60秒 
露出計:SPD使用TTL中央部重点開放測光 
絞り優先AE ASA100 F1.7でEV1.5~18 
AEロック付 露出補正±2EV
サイズ・重量:88.5×139.5×50.5mm・445g(ボディのみ)


なんか本体裏面のフタの部分に紙を差し込める様になっていて、確か今使っているフィルムの種類を忘れないようにするために、フィルムのパッケージを切り取って差しておくのに使っていたと思うんだけど、まーそんなに忘れることもないだろ…ってことで、フーファイのニューアルバム「エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス」のジャケット・アートワークを貼っておきましたw

mamiya_2


かっちょえー! イカスー!w

…。


なにはともあれ、これでRAINBOW 7フィルムを試すことができますw

ふぁいとー!おー!


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

【2007/10/28 21:42】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
RAINBOW 7
ちょっと前に買った雑誌「PHaT PHOTO」。

なんか面白そうなフィルムが付録で付いていたので、衝動買いしてしまいました。

pp_2

RAINBOW 7。

ちゃんと現像出来るお店も限られているっぽいけど。

特徴としては…

1.白色部分が少しピンク色に染まる。→夕焼けがドラマティックに。
2.グリーンとブルーの彩度が高い。→寒色系が鮮やかに。
3.白熱電球や蛍光灯に対して感度が高い。→屋内写真がオレンジ系に。

らしいッス。

すんげー、面白そう。すんげー、試したい。

だけどもだけど♪

今手元に35ミリのフィルムカメラが無いんだな…

あー、またこんど時間のある時に実家に戻って取ってこないと。

…。

めんどくちゃいw

pp_1

それにしても写真の雑誌なんて買うの、よく考えたら初めてかも…


テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

【2007/10/24 23:38】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グッド・シェパード
ここ最近、エンタテイメント作品を中心に観て来たような感じだった為、久々に硬派な作品が観たいなぁってことで、行ってきました。

もともと、FBIとかCIAとかMI6とかKGBとかCTU(間違いw)といった類の組織が活躍する物語が好きなこともあって、以前から気にはなっていたのだ。

goodshepherd


今作はCIAの話。

CIAの正式名称は“Central Intelligence Agency”。一般にはアメリカ合衆国の国策遂行のために情報収集・対外工作を行う機関としてアメリカ中央情報局と訳されているんだけど、情報を表す単語に“Information”ではなく“Intelligence”を持ってくるあたりが、なんとも独特のオーラを身に纏っている感じがプンプンする。

劇中でCIA長官のリチャード・ヘイズが主人公エドワードに対して言った「CIAにはなぜ“The”が付かないんだ?と聞かれた時、私はこう答えた『神に“The”を付けるか?』と」という言葉がまさに、そのことを象徴している気がした。

あらゆる諜報活動を行うこの機関においては隠し事など不可能に近い。情報操作が命運を分ける冷戦時代の最中では尚の事アメリカにとっては神の様な存在なのだろう。主人公エドワードがCIAに参加するきっかけとなる人脈を築いた、イエール大学のエリートで構成された秘密結社スカル&ボーンズの集会においても、お祈りの前にメンバーの挨拶をしていたことからも容易に想像できる。いくら祈っても国を助けてはくれない、確かな情報こそが国を守る手段なのだ。

現実問題として、祈りよりも情報が上とされた時代ということをひしひしと感じた。そしてそれは今もなお続いていることであると思う。

舞台となるのは、第二次世界大戦前夜からCIA最大の汚点とされる1961年のピッグス湾侵攻作戦失敗までの20数年。

監督は「ブロンクス物語」以来これが2作目となるロバート・デ・ニーロ。主演はマット・デイモン。脚本は「フォレスト・ガンプ」や「ミュンヘン」のエリック・ロス。

冷戦下における諜報員達の駆け引きを中心とした活動の他に、この作品のもう一つの見所が学生時代から父親になりCIAの対敵諜報部門の責任者になるまでを、きっちりを演じ分けているマット・デイモンの演技。もともと寡黙なキャラクター設定だったこともあるけれど、19歳から41歳まで、人の一生のある時期を同じ俳優でここまで演じ切るのは凄いなぁと感心してしまった。

CIAの歴史と合わせて3世代に渡る親子の因縁という2つの視点から紡ぐ人間ドラマに痺れマス。

個人的に特に印象に残ったのは、主人公が30年余り金庫にしまい続けてきた父の遺書を読み終えた後に燃やすシーン。最近観た映画の中では一番グッと来ました。

ちなみに、主人公エドワード役には当初レオナルド・ディカプリオが候補に挙っていたんだけど、「ディパーテッド」の撮影中だった為、スケジュール調整が難しいという理由でマット・デイモンに決まったそう。
マット・デイモンも「ディパーテッド」に出演していたものの、レオナルド・ディカプリオに比べて出演場面が少なかったから先に撮影を終らせ、なんと3日後に本作の撮影に参加したそうです。何事もタイミングだねー。

それにしてもコリン・サリバンしかりジェイソン・ボーンしかりスパイ系のハマり役が多いようですが…
そのうちジェームズ・ボンドシリーズに手を出したりしてw


グッド・シェパード:Official Website
http://www.goodshepherd.jp/



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2007/10/21 16:45】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
地球ぶらり旅(移動編1)
たまには、こんな写真で旅行気分w

NARITA→JFK。

太平洋上空。

airplane


あー、旅に行きてー!


テーマ:空の写真 - ジャンル:写真

【2007/10/18 23:04】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三鷹
これなーんだ…!?

ghibli_1


正解は… 映画「天空の城ラピュタ」より、ロボット兵。


ghibli_2


三鷹の森ジブリ美術館にて。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

【2007/10/17 23:46】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コンデジさんハイ!
あー… 単焦点レンズの世界を実感してみたいなぁ…

などと思いを馳せながら、瀕死状態のIXYさんで、頑張ってそれっぽさを演出してみる。

部屋のおもちゃ。

macro

やってみりゃ、意外と寄れるんだよねー。

こんだけ悩んで、結局IXYに落ち着いたりして…w

あははは。

んでもこんなに食指が反応するのは久しぶりなので、まだまだどうなるかは分かりませんケドw

軍資金を貯めなきゃならんのに、旅行熱も上昇中なのでどうなることやら…


テーマ:いろんな写真 - ジャンル:写真

【2007/10/16 23:45】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今ツボ・ハイポジ
しゃきーん!

imatsubo

刈谷勇と同い年の職場の仲間が貸してくれますたー!

えーと…「刈谷勇」ってのは毎週日曜日にTOKYO FMでやってる『NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~』っていうラジオドラマに登場するキャラクターの1人です。主人公は「安部礼司」。

まーなんていうか、ごくごく普通であくまで平均的な36歳の安部礼司がトレンドの荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長のコメディ(番組ナレーションより抜粋w)なんデスヨ。

日曜の黄昏時、若さと渋さの間で揺れるナイス30'sのアナタに贈る『鼻歌みたいな応援歌』を、ツボな選曲とともに楽しめる番組構成になっていて、その番組でオンエアされた“今さらツボなセレクション”を集めたアルバムがコレ♪

いやぁー、こんなんで盛り上がっていると完全に年齢がバレそうですね…

ちなみに僕は安部君よりは若いですケドw

それにしても今回のこの収録ラインナップは凄いです。

1. 安部礼司、今日も飛びま~っす!
2. MARIONETTE(BOΦWY)
3. グッドモーニング神保町
4. Self Control(TM NETWORK)
5. 夏色のナンシー(早見優)
6. 優の残業コール?
7. 恋したっていいじゃない(渡辺美里)
8. 全然間に合わないっ!
9. 1ダースの言い訳(稲垣潤一)
10. Lucky Chanceをもう一度(C-C-B)
11. 刈谷勇のオラオラオーラ
12. トランジスタ・ラジオ(RCサクセション)
13. ストップ・ザ・地球温暖化
14. 太陽にPUMP!PUMP!(EPO)
15. 世界でいちばん熱い夏(プリンセスプリンセス)
16. 一人暮らしのこの部屋で
17. I Love Youからはじめよう(安全地帯)
18. 加奈のミラクル応援歌
19. 日産オッティ オリジナルCM ~安部礼司バージョン~

悶絶。

刈谷きゅん、せんきゅーせんきゅー!あ~っはっはっはっ!w


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/10/15 22:31】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
トワイライト
近所で撮影しました。

昔。

twilight

えー、というかやっぱり寿命が近付いて来たみたいなんです。今使っているIXYさんが。

まさにトワイライト。いろんな意味で。

今日もシャッター5回に1回はノイズが入ってしまう始末で…

本格的に新機種購入の計画を練らないといけない時期にさしかかって来ましたw

何故か嬉しいのはなぜ…w


テーマ:夕焼けの写真 - ジャンル:写真

【2007/10/14 22:17】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
喰ったどー!
開花屋楽麺荘へ行ってきました。

rahmen

写真は「特製ラーメン 塩」です。チャーシュー・角煮・ワンタン・のり・あおさのり・卵というお店のトッピング全てが投入され、お値段1,000円でつ。

もともと和食の料理人だった方が始めたラーメン屋という、ちょっと変わったお店デス。一度はある日本料理店の料理長を務めていたらしい…

スーパー松阪豚、伊勢地鶏、枕崎産まぐろ血合抜節、羅臼昆布、青森干し貝柱などの贅沢素材をふんだんに使い、16時間かけて作られるスープはあっさりとした口当たりに濃厚な旨味!

基本は和風だしな感じなのに、ラーメンとして独自のスープになっているのが面白かったです。

ごっつあんデスw


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2007/10/13 23:58】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2+2=5
久しぶりに朝も帰りもiPodで「Hail to the Thief」を爆音で聞く始末。

今日の気分はこんな感じ。



そして、さっき「おもひでぽろぽろ」観ようと思ってTVを付けたら「おもひでぽろぽろ」は来週で、今夜は「プレデター」やってた。(番組表を1週間見間違えてタw)

前半の今じゃあり得ない描写の銃撃シーンにゲラゲラ笑いつつ、結局最後まで観切ってしまった。

病んでるわけじゃありませんが…  イライラはしてました。 ぐは。

Radioheadサイコー。

そろそろ新しいアルバムも出そうな感じだから楽しみだ。

来週からまたがんばる。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/10/12 23:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「π」超えなるか!
この秋、最も公開が待ち遠しい映画。

「ナンバー23」

ぷっぷっ…ぷっ、プー♪

「24」じゃないのでジャック・バウアーは出て来ません。
(当然だけどw ここ最近「24」漬けだったからつい…w)

thenumber23


主人公が手にした一冊の本。まるで何かを暗示するように度々挿入される“23”という数字。読み進むうちに、小説の中の出来事が現実の世界とリンクしはじめ、周囲では次々と事件が起こり始める。そしてそれは、決して単なる偶然ではないことを知り… 

数字“23”にとり憑かれた主人公を取り巻く数々のミステリー。
主演は久々のジム・キャリー、そして監督はジョエル・シューマッカー。

“23という数字のもつ神秘性”は、古くから文化として語られてきた経緯があるらしく、「23エニグマ」と呼ばれる謎の体系。それについて研究していた作家のバロウズは新聞の切り抜きや様々なリサーチから、世界の随所に現れる23の奇妙な符号を報告しているそうです。

23の不思議に取り憑かれた人々は、実生活においてこの数字に意識を向けた途端に、なぜか頻繁に「23」が現れ始め、それでいてその意味するメッセージは常に不明瞭で混沌としているらしい… 
何気なく坐った席が23番シートであったり、ふと手にした、さして重要でもない書類の通し番号が0023であったり…… 
うぉう! もうまさにツボ! 公開が待ち遠しいデス。


ちなみに、23にまつわる様々な謎の幾つかがコレ。

・天地創造 紀元前4004年10月23日。

・フィリップ4世がフランス全土においてテンプル騎士団のメンバーたちを一斉に逮捕したのは、1307年10月13日(10+13=23)。

・ジュリアス・シーザーは暗殺時、23回刺された。

・ラテン語のアルファベットは、23文字で構成されている。

・ヒトの生殖細胞に含まれる染色体は、23本。また、人間の性を決定づける遺伝子は、第23番目遺伝子である。

・血液が体全体を巡るのに必要な時間は、23秒。

・古代エジプト・サマリア暦は、7月23日から始まる。

・地球の地軸は、公転面に垂直な方向から23.5度傾いている。 (そしてその小数点以下の数字5は2+3!)

・タイタニック号の沈没 1912年4月15日(1+9+1+2+4+1+5=23)

・英・劇作家、詩人のウィリアム・シェイクスピアは、1564年4月23日に生まれ、1616年4月23日に他界した。

・ナチス・ドイツ初代総統、アドルフ・ヒトラー自殺 1945年4月(1+9+4+5+4=23)

・古代マヤ人が信じた世界の終末 2012年12月23日。

・カルト集団「The Family」のリーダー、チャールズ・ミルズ・マンソンの誕生日 11月12日(11+12=23)

・んで、さらにびっくらこいたのが、アルファベットの23番目がWで、キーボードのWのキーの上にあるのが2と3!

ぅおおっ!(悶絶…)

と、いうことで… 映画は11月23日公開だそうですw

ダーレン・アロノフスキー監督の「π」も面白くて好きな作品だけど、今回のこの作品の方が取っ付きやすそうだw

推理小説とかインディ・ジョーンズやロバート・ラングトンものの謎解きが好きな人にはたまりまへんなぁw

じゅる…


映画「ナンバー23」 Official Website
http://www.number23.jp/

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

【2007/10/11 23:58】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
かもすぞー!
ついに明日からTVで漫画「もやしもん」のアニメが放映されまーす!

moyashimon

たのしみ! だけど… 24時45分~って…

時間おせーよw


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/10/10 23:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球ぶらり旅(アメリカ編 4)
SOHO地区の裏通り。

石畳の道路とレンガ造りの建物は独特の情緒があって、何故か印象に残ります。

ny_5


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

【2007/10/09 23:54】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渋谷
タイムリープしてみたりw

2005年冬。

交差点で信号待ち。

それにしても、やっぱり人が多いなぁ… ちょっとボーっとしてたら迷子になりそうデス。

tokyo_2


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

【2007/10/08 23:57】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
魅力的なバケツ
Underworldのアルバム「Oblivion With Bells」、かなーり良い出来映えに仕上がっています。

underworld_2

もう最近のiTunesのプレイリストはコレばっか。

中でも6曲目の“Glam Bucket”はUnderworldの曲では今までで一番好きかも。
美しすぎる。
懐かしいような、まだ見ぬ未来の予感のような、時空を旅しているような不思議な感覚を刺激してくれる幻想的なメロディー。
瞬時にトリップできます。

情報も仕入れてなかったので全然知らなかったんだけど、続く“Boy,Boy,Boy”ではドラムをU2のラリーが演奏しているらしく、これもU2ファンの自分にとってはかなりのサプライズ。

自分の中では「Beaucoup Fish」以来のマスターピースです。


テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

【2007/10/06 18:45】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地球ぶらり旅(アメリカ編 3)
NY タイムズスクエア。

2005年秋。

ny_4

にわか雨が上がった直後です。

もう1度行きたい街の1つ。

ちなみに上の方にある日清カップヌードルの看板、今はもうありません…

上から湯気が出ていて面白かったんだけどなー。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

【2007/10/04 23:50】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Stay Gold
ASIENCEのCMでHikkiの新曲が流れちょるけーん!

びっくらこいた!

asience

「Kiss&Cry」とか良いんだけど、CMのスパンが長くてちょっと聞き飽きてきた感があったから、このタイミングでこの新曲はかなり嬉しいかも。

ちょびっとしか流れていないけど、ぐっときます♪


テーマ:日記 - ジャンル:音楽

【2007/10/03 23:42】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京
六本木ヒルズ、東京シティビューより撮影。

本城直季さんの写真みたいにならないかなぁーと思いつつPhotoshopでの画像補正にチャレンジしてみたけど、どうにも…

tokyo

ほんとの写真は4×5のカメラを使ってアオリで撮影しているらしいので、やっぱりにわか補正では別物になってしまいますね…

写真集「small planet」の世界観は何度見てもユニークで素敵です。


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

【2007/10/02 23:47】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お礼のお礼♪
以前、コンサートチケットを譲ってもらった後輩にタダで良いデスヨと言われたけど、いくらなんでもそんな訳にはいかないと思い、彼がTシャツマニアでもあるということで会場限定のTシャツを恋人の分もセットにしてお礼にプレゼントしたのだが、今朝その後輩から「彼女がどうしてもお礼がしたい」と言うことで、なんとTシャツのお礼のプレゼントを頂いてしまいましたw

cake

GRAMERCY NEWYORKのチーズケーキとストロベリータルト!

なんだかとても恐縮してしまいましたが、有り難く頂戴いたしたました。

正直かなり嬉しいです。どうもありがとう! 

これで、ケーキのお礼をプレゼントしたら… ずっと続くような?w


テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

【2007/10/01 23:53】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。