スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サマーウォーズ
sw_a

「よろしくおねがいしまぁぁぁーすっっ!」と「こいこい!!」この2つのキーワードはこの夏中高生の間で流行りそうだなぁ…w などと勝手な妄想を膨らませている自分ですが、この感想はあながち当たらずとも遠からずだと思う今日この頃w

公開前に劇場等で配布されていたチラシにあった、のどかな田舎の風景をバックに家族が勢揃いしているイメージビジュアルから想像すると、『サマーウォーズ』というタイトルとどう結び付くのかなかなか想像がつかなく、松田優作の『家族ゲーム』の現代版みたいな感じかなぁ…なんて勝手な想像をしていましたが、全然違いましたw まぁ、そうだよねw

監督は『時をかける少女』の細田守。もともと、作風の一つとして、デジタル空間や仮想現実世界をモチーフに物語を語ることの多い印象がありましたが、今回はある意味それらの集大成的な演出が目白押しで、中盤あたりの展開は2000年に公開された『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム』とかなり近いものを感じました。『デジモン』の高校生版みたいな?w

前作の『時をかける少女』が映画ファンとして本当に好きで、どちらかと言えば正直なところ『時かけ』寄りの爽やかな青春映画を期待していたんですが、仮想現実世界でのバトルシーンなど割とアクション性もほどよく注入された、総合エンタテイメント作品になっています。

ただ、『デジモン』や『時かけ』との大きな違いはSF的要素をモチーフにしつつもそれがフィクションに留まらず徹底してリアルを描いているということ。映画を観て「まぁでも、映画の世界の話だよね」だけでは終らないリアルがそこにはありました。

仮想世界OZとまではいかないまでも、現在のインターネット環境そのものがモデルになっていることは明らかだし、数年後には本当にそれこそ携帯電話やDSのような子供向け携帯ゲームといった、あらゆる携帯端末から容易に共通のインターネット世界に繋がることは充分考えられるなぁと思いました。その辺りのリアルさを追求するためか、劇中にはもうそのまんまDSは出てくるし、iPhoneは出て来るしでアニメーションなのに実写映画みたいな不思議な現実感があって面白かったです。

今回のテーマは“繋がり”だと思います。インターネットの普及によりとてつもなく広大に広がった世界中の不特定多数の人々との繋がりと家族という人類における最小単位での繋がり。

インターネットの持つ裏の危険性をテーマにしたり、情報化社会に警笛を鳴らす作品は今までも数多く作られてきましたが、本作は確かにそういった情報化社会が孕んでいる危険性を描きつつも、本当のところはインターネットの無限の可能性と、家族という最も身近なネットワークの可能性をもう一度改めて自覚し、もっと有機的に活かしていってはどうだろうと、世界中の人々にメッセージを送っているような気がしました。

そして、その人と人との繋がりを凄く日本的に描いているところが清々しくて良かったです。

町内の回覧板だろうが、インターネットの掲示板だろうが、結局そこに繋がってやりとりをしているのは人間同士。

間を繋ぐマテリアルが何であれ、結局はそこに繋がっている人々それぞれの心が動かなければ世界は変わらないだろうし、逆に世界中で繋がった多くの人々の心がプラスにシンクロした時の可能性は計り知れないということを再確認させられる作品。

ちなみに、映画を観た後はなんだか無性に花札を覚えたくなりますw

こいこい!!

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/08/26 21:20】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ハリーポッターと謎のプリンス
hp6h-bp

『ハリー・ポッター シリーズ』劇場版第1作目『賢者の石』の公開はいつだっけ…?

なーんて素朴な疑問が浮かんでしまうほど、長いシリーズ作品となったこの映画w

はい!出ました!第1作目『賢者の石』は2001年の公開だったんですねー!w いやー凄いコトですよ、これは。主要キャストもほぼ不動で9年も続いているんだから!冷静に考えるとこんな奇跡的な映画はなかなか無いと思います。

で、今作『謎のプリンス』ですが、物語の登場人物達が毎年魔法学校の学年が上がっていくというストーリー上の時間軸に合わせて、ほぼ同じ時間軸でキャストの俳優達も毎年成長しているわけで… シリーズ6作目となるともう大きい大きいw まー普通に考えても小学生高学年からスタートしたとしても、高校生になっているわけだから、そりゃ体も大きくなるし恋愛もするわなw

で、実際どうなのよって感じになるわけですが、面白かったです!かなり! 前作『不死鳥の騎士団』を観た頃から感じていたことなんですが、シリーズ前半の純真無垢な子供時代が舞台となっていた児童向けファンタジー色の強かった頃に比べると、回を重ねる毎にファンタジー的表現を借りながらも現実的なドラマの要素が増えていく感じがありますね。

登場人物達も少年から青年へと成長して、描かれる物語もより深みのあるテーマを題材に取り組んでいてシリーズの中でも個人的には『アズカバンの囚人』に次ぐ面白さでした。ダンブルドアやヴォルデモートを中心としたホグワーツに渦巻く人間関係も今まで以上に複雑に絡んできている感じがあって、面白いです。やっぱり『不死鳥の騎士団』のメンバー構成がその辺りを助長している気がしないでもないけど。

原作の本は全く読んだことがないのでアレなんですけど、個人的には…というかたぶんみんなそうなんだろうけど、『賢者の石』の石の頃から一番気になる登場人物がスネイプ先生だったんですが、ここに来てきましたね!やっぱり!これはかなり面白くなってきました。アラン・リックマンの演技力もさすがとしか言いようがないぐらい素晴らしく、続きが気になって仕方がありません。と、思いながらスタッフロールを眺めていたら、本編上映後に次回作の告知が!物語のクライマックス『ハリー・ポッターと死の秘宝』はなんと、2010年11月と2011年10月の2回に分けての二部作構成になるそう!

やっぱりそうだよなー。原作も『炎のゴブレット』から上下巻の2冊構成になっていたのに、長くなった物語を通常の上映時間に圧縮して1本にまとめてしまう分、どうしても表現仕切れていない部分がありそうな感じが原作を読んでいなくても解ってしまう部分が少なからずあったもんね。

次回作の監督も『不死鳥の騎士団』と今作『謎のプリンス』に引き続きデビッド・イェーツ監督が続投!この采配は間違いなく正解だと思います。ベラトリックスを演じるヘレナ・ボナム=カーターやスラグホーンを演じるジム・ブロードベントなど、アクの強い役者も揃って、ますます楽しみになってきました。

それにしても、今回のロンはスゲーなぁ。モテ過ぎだろw そしてハーマイオニー、可愛い過ぎる♪


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/08/23 16:49】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2009年、音速の夏。[その2]
2009年、音速の夏。[その1]より続き。

ss09_6

15時5分 OCEAN STAGE:PARAMORE

ヘイリー凄いね。可愛いのにカッコイイ。気合いの入ったステージで期待以上に良かったです。
新メンバーの紹介と今度リリースされるニューアルバム「brand new eyes」から新曲も披露。
ヘイリーの“ヤバい”プリントのキャミ姿がサイコーに似合っていましたw

ss09_7
セットチェンジ中。バックドロップの壁紙がクール。


公演時間とタイムテーブルのつなぎのタイミングがどうなるか判らなかったけど、PARAMORE終了後にそのままPARK STAGEへ移動したらちょうど良いタイミングでPuffy AmiYumiが開始。

15時50分 PARK STAGE:Puffy AmiYumi

“Hi Hi”とか“誰かが”とか“アジアの純真”とか“渚にまつわるエトセトラ”とか、ヒット曲が生で沢山聴けて大満足。ベタだけど、“アジアの純真”や“渚にまつわるエトセトラ”はやっぱり盛り上がりますね♪ 

最新アルバムの「Bring it!」からは“All Because Of You”と“マイストーリー”も演ってくれました。“All Because Of You”はアヴリル・ラヴィーンが書いてくれた曲らしいです。

由美さんが曲がハードなので本気でやらないと大変だ!というような内容のことを言っていて、歌う前に自分自身にハッパをかけていたのが印象的でしたw 衣装もかなり可愛いかったなぁ。

ss09_8

ss09_9
サマソニ10周年の特設ガチャガチャで当たった『サマソニひえっぺ』。

暑さにくじけそうな、ここぞ!という時にこれを強く叩くと一瞬の内に温度が氷点下まで下がります。でも、5分もしない内に生温くなっちゃいましたけどw


Puffy AmiYumiを観終え、いよいよ最終決戦に臨むべく、再度水分補給と体力回復をしにOASISエリアへ。この後はヘッドライナーのマイケミ終了までOCEAN STAGEで長丁場の戦いだ。ある意味RPGの最終ダンジョン直前の様なテンションに近い?w とりあえず900mlのポカリを装備品に加え、いざ出陣!


ss09_10

17時55分 OCEAN STAGE:NINE INCH NAILS

初めて観るライブでしたが、圧倒されました。めちゃくちゃカッコイイですね。

CDで聴いていた時と全然印象が違う…というか別物?ってぐらいに重厚な音の凄みがあって魂に届く感じ。

トレントは今年の世界ツアーをもって活動休止を宣言していることもあってか、恐らく日本で観られる最後のステージになるであろうサマソニ2日目の今日は、本人から出る並々ならぬ気迫を感じずにはいられませんでした。

余談ですがトレント・レズナーってあんなに体格良かったっけ? 初めスペシャルフォースかネイビーシールズの方かと思ったぜよ。あんなにカッコイイ大門メガネのゴリマッチョ音楽家はそうそう居ないのではw

えーと…色々書きましたが、ひょっとしたら今回の個人的ベストアクトはNINかも。


ss09_11

19時35分 OCEAN STAGE:MY CHEMICAL ROMANCE

NINの時の位置からさらに前へ、ステージ前の花道特設ステージ手前に場所を確保。マイケミタオル装備でスタンバイ。

毎回ヘッドライナー前のセットチェンジは時間がかかる印象がありますが、今回も例外なく待つことにw。ステージには初め黒い天幕を付けようとスタッフが頑張っていましたが、風の影響を考慮したのか、結局外したりw でも何やら凝った仕掛けを潜ませてありそうな予感がプンプンするなぁ…と思いながら待っていたら、SEとともに、黒一色だったステージに大きなMCRのロゴが浮かび上がり、メンバーが登場!B.の マイキーが着ているTシャツには「マイキー ファッキン ウェイ」タイポグラフィが!

ミドルネームがファッキンみたいになってるぜマイキーw どうせなら兄ちゃんとお揃にすればもっと面白かったのにw

1曲目か2曲目か、“I'm Not OK”が終ったあたりだったかのタイミングに、最初のMCでジェラルドが英語で、世界の他のどの都市でもなく、俺達はここ大阪が好きだ!みたいな内容のことを言っていて、うんうんと頷いて聴いてたんですが、驚いたのはそのあと! バックドロップの大きなMCRのロゴを指して、だから今夜はMY CHEMICAL ROMANCEじゃなく、マイケミカルロマンスでいくぜ!みたいなことを叫んだと同時に、MCRのシーツが剥がされ、出て来たのは太ゴシック体で書かれた片仮名『マイケミカルロマンス』!

正直本日一番の衝撃!w 面白さを通り越してカッコ良過ぎる!w

つーか、PARAMOREのヘイリーといい、マイキーといい、片仮名表記って外国人アーティストの中でそんなに熱いのか!?w

セットリストの内容は『Three Cheers For Sweet Revenge』と『The Black Parade』からたっぷり演ってくれました。現在レコーディング中のアルバムからも新曲を3曲ぐらい披露してくれたのでラッキーでした。

“Dead!”演奏前のジェラルドの「Are you ready to die?」の煽りは好きな曲だっただけに、凄く印象に残ったなぁ。

もちろん“Welcome To The Black Parade”も大盛り上がり。最高でした。

やっぱりみんなが合唱できる曲が多いっていうのはデカイね。タオルもブンブン回したぜよw

ステージの舞台装置は予想通り凝っていて、曲の随所で大きな火の玉が噴出したり、花火が出たりと、黒いステージに映える演出が色々と仕掛けられていて見応えがありました。

ところで、せっかく花道特設ステージ手前に場所を確保したのに、結局最後まで来なかったなぁと思っていたら、なんとアンコールで登場!とにかく近い!もう目の前すぐでした。

“Cancer”を熱唱するジェラルドを丸一曲あの距離で観られるとは♪ 

その後はステージに戻って、“Helena”でフィナーレ。

ラストは恒例の打ち上げ花火で幕を閉じました。

ss09_12

いやー、楽しかった!SUMMER SONIC 09!
改めまして10周年おめでとうございます!
来年からはまた新たな10年の歴史に突入ですね。

次回は誰が来るのかなぁ…♪

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/08/12 19:13】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2009年、音速の夏。[その1]
ss09_1

8月8日午前3時15分発。

今年は祝サマソニ10周年ってことで、もう開場前からスタンバイするぐらいの意気込みで臨みました。過去のデータを分析してみると、昨年は午前3時40分出発で渋滞も無くスムーズに走って午前7時10分着。一昨年は午前3時30分出発で鬼渋滞に巻き込まれ、午前10時30分着。

まーこうしてみると、渋滞に遭遇するかしないかは運次第ってところがありますねー。でも、大事をとって今年は午前3時には出発しようと心に決めていたんですが、なんだかんだで15分のロスタイムw で…!きましたよ…w 京都南付近から吹田周辺まで、まさかの大渋滞!

出発直後のカーナビ計算では到着予定時刻が午前6時45分だったのに、何度となく繰り返された再計算の結果、京都付近の時点で到着予定時刻は午前8時15分頃に!むっきゃー!

しかも高速の出口を間違えて、危うく神戸まで行きそうになりプチパニック状態!速攻降りて、下道で復帰しましたけどw

そんなこんなで色々ありましたが結果、午前8時45分到着。この時点でサイン会の整理券確保は断念。くーっ。トムとサージのサイン欲しかった…!開場時間より先着30枚は倍率高いっす。まーまー、開場時間は過ぎたとはいえ、開演前に着いただけ良かったとしようw

てことで始まりました、10th Anniversary SUMMER SONIC 09 8.8(sat) OSAKA。

記念すべき10周年なので、プログラムの小冊子とかリストバンドとか御祝いムード溢れる感じで、例年と違うギミックが付加されていると面白いなぁと少し期待していたんですが、今年は恒例のネックストラップも無く普通の小冊子のみ。

リストバンドも例年より細くなって色も普通でした。むー。

昨年はミンティアが付いて蛍光リストバンドだったし、一昨年はなんとiTunesカードが付いてラメ入りリストバンドだったのに。ここにも不況の影響が?まーでも今年のリストバンドは型抜きしてあるのでこれはこれで新しいかも?w

ss09_2

大阪2日目にあたる今日のメインステージのヘッドライナーはMY CHEMICAL ROMANCE。

スカイステージのヘッドライナーがKASABIANってことで思いっきり時間帯が被るので、ギリギリまでどっちを観ようか本当に悩みましたが、KASABIANのステージは2年前にも観たというのと、マイケミの年内に発表されているライブはここ日本のサマソニのみという情報もあり、これはやっぱり貴重なステージになるだろうなってことで、今年はマイケミに決めました。

てことで今年のコレを観るぞリストは、
【OCEAN STAGE】PARAMORE、NINE INCH NAILS、MY CHEMICAL ROMANCE
【SKY STAGE】PHOENIX、the HIATUS、The Enemy
【DANCE STAGE】フジファブリック、Girl Talk
【PARK STAGE】Puffy AmiYumi
【GARDEN STAGE】こやぶかずとよ(ビッグポルノ)

今年はDANCE STAGEがSONIC STAGEと同じ舞洲アリーナの中へ移動。

PARK STAGEは去年のBREEZE STAGEの場所へ移動。

BREEZE STAGEはGARDEN STAGEとして生まれ変わっていました。

駐車場の再編成と共に、エリア構成も変わった感じです。(…?どっちが先だw)

そして、注目すべきはGARDEN STAGEのこやぶかずとよ。

ご存知の方も多いかと思われますが、あの吉本新喜劇の座長・小藪千豊が主催する夏フェスで『コヤブソニック』という、どストレートにサマソニをもじったイベントがあるんですが、その『コヤブソニック』の仕掛人本人が自ら本家(?)サマソニに参戦!という、ちょっと面白い展開。

一応ビッグポルノというグループとして参加するみたいですけど。その内容やいかにw

ss09_4

それにしてもこの日の日射しは尋常じゃないぐらいに強かった!
服の上から熱気が通過して、肌がチリチリする感覚デスヨ。

何はともあれOASISエリアに直行。歩きながらオープニングアクトのGLORY HILLの音を聴きつつ、とにかく水分補給。装備を整えて、GARDEN STAGEへ。



11時30分 GARDEN STAGE:こやぶかずとよ(ビッグポルノ)

はい、出ました!下ネタラップ!w いやースゲーわ。ぶちかましましたね、小藪さん。
今回の構成は3MC+1DJ。割と綺麗めなメロディーに合わせて、ハッキリ口調で下ラップw 宇都宮まきも女性ボーカルとして声の出演をしていましたが、逆にステージに上がるのは勇気が要るよなぁ。

炎天下の中であの空気感はまさにシュールレアリズムの世界でしたね。“Cheek it be”とか“All night need”とか、全力でオーディエンスにシンガロングさせるあたりはさすが。

そしてMaxではなく75%ぐらいの濃度で合唱が起こるという微妙な感じが、オモロいw 

まー歌えばどう聴こえるかはご想像にお任せしますw

小藪さん、拍手の中最後は謝ってましたねw



12時30分 DANCE STAGE:フジファブリック

デビュー当時から気になっていたバンド。今回の出演は良いタイミングで観ることが出来てラッキー。Vo.の志村君は大人しそうなイメージがあったんですが、割とアグレッシブな感じで良かったです。

やっぱり奥田民生に傾倒していただけあって、ユニコーンファンとしても好みの系統が近い感じが伝わってきて面白いです。

ずっと“銀河”を生で聴きたいと思っていたので、最後の最後で演ってくれたときはかなり嬉しかったなぁ♪

このままの流れで、Girl Talkを観るつもりだったものの、暑さを喉の乾きを潤したいのと、とどのつまりちょっと休憩したくなったので、再びOASISエリアへ。

ss09_3

お酒飲みーの、ソニックドッグ喰らいーので、くつろぎ状態で再びDANCE STAGEへ戻るのもアレなんで、次はPHOENIXを観ようと思って歩いていたら、エリア内掲示板にPHOENIX公演中止の告知が。!と思った矢先に場内放送。

“出演予定でしたPHOENIXは、メンバーのThomas CroquetとThomas Hedlundが40度を越える高熱を出しており、医師による診察を受けた結果、安静が必要と診断されたため、やむを得ず本日の出演をキャンセルすることとなりました”

ぐは!マジですかw

みんな暑さにやられちゃったんだねー。つーかしゃきっとせい!w

実を言うと本当ならば、数週間前の予定だとKATY PERRYを観るつもりだったんだけど、開催前のニュースによると、残念ながら度重なるツアーによる声帯への負担により1週間の安静療養が必要と診断されたため、やむを得ず急遽来日がキャンセルに。

ケイティに続き、PHOENIXも公演中止かー。

今年のSKY STAGEは空きが目立つなぁ。

ss09_5

ま、そんな感じになっちゃったんで、暑さも相俟ってしばらくOASISエリアでまったりコースw Dragon Ashを聴きながら昼飯を喰いつつ(贅沢やなぁw)、PARAMOREを観にOCEAN STAGEへ。


2009年、音速の夏。[その2]へ続く…

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/08/12 18:51】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ただいまー♪
ss09cd2

満喫したっす♪ 

ライブレポはまたのちほど!

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/08/09 23:25】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いざ!夏の陣!
ss09cd

今年も行きますぜ!

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

【2009/08/06 23:34】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
狩猟開始!!
どっかーん!!

mht_1

インターネットで注文していたんですが、無事に狩猟解禁日に届きました!

5月にプレイした体験版を経て、ついにハンターデビューです。

体験版に関しては、しこたまやり込んだものの、モンハンに関しては全くのビギナーなので、これからどんな世界が待っているのか楽しみです。

初回版のパッケージには特典でモンスターの頭部をモチーフにしたフィギュアが付属してくるんですが、3種類あってどれが当たるかは開封までのお楽しみということで、ちょっと気になっていました。そして、気になる開封結果は…

じゃん!!

mht_5

エゾシカっ!!




…。




うそですw

マタギか、俺わ…w




えーと、改めまして。コレだっ!

ギャース!!

mht_2

クルペッコでしたw

なんというか、体験版プレイの時はかなりの苦戦を強いられて、何度も対峙した相手だけに妙に印象に残っていたモンスターだったので、ビギナーの自分としては入門編で討ち取った敵の首を獲った記念のハンティング・トロフィーみたいな感じがして面白いです。

mht_3

後ろはこんな感じ。
写真だと判りづらいかもしれませんが、結構サイズが大きいデス。

mht_4

アップで見るとかなり迫力がありマス。こんな顔してたんだ…w


さて、ちゅーことで狩猟解禁日の今日、本格的に狩猟生活開始じゃー!!

とりあえず、ゲームの手引きとして分厚い取扱説明書が2冊もあるので、まずは読書から始めたいと思いマスw


テーマ:モンスターハンター3tri - ジャンル:ゲーム

【2009/08/01 16:50】 | Monster Hunter | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅雨明けするの?
普段からそれほど気象情報に気を配っているわじゃないのでアレなんですが、どうやらこの地方は未だに梅雨が明けていないということらしく、まーこのグズ付いた天気を観れば判るんですけど、ちょっと衝撃でした。

ip_w

とはいえもともと梅雨明け宣言の判断基準そのものが、気象データや数値的なものを基準とするというより、観測する人間の気分で決定してしまうという、微妙な感じで行われているのは知っていましたが。

このまま行けば今年は梅雨明けしないという現象も起きてしまうようで…w なんだか釈然としないなぁ。

いっそのこと“長雨が続いている”ということにして“梅雨明け宣言”というシステムをもう一度考え直してみてはどうだろうw

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2009/08/01 12:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。