スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上手に焼けました~♪
pan_6

はい! というわけで、ホームベーカリーが手に入ったので早速パンを焼いてみました!

記念すべき第1回目は… フランスパンに挑戦!

とはいっても機械がすべてやってくれるんですけどね。

用意したのは、強力粉、薄力粉、ドライイースト、塩、水をレシピを参考に適量。

それらを合わせてパンケースに投下っっ! とうりゃ!

pan_1

そいでもって、スイッチオーン!スタートォ!

pan_2

あとは寝て待つ。Zzz…

で、朝目が覚めると…

pan_3

おおぉ! ちゃんと焼けてるやないかい!

pan_4

本場の様に長くはないですが、丸っこいフランスパンが上手に焼き上がりました♪

いやー凄い。便利っす。

pan_5

味も申し分なく、なかなか美味しかったです。

後は既製品と今回の材料&光熱費と比べてどちらが経済的か?っちゅう話になりそうですが、しばらくは楽しめそうなので、他の種類のパンもいろいろ試して作ってみたいと思います。

ちなみに、フランスパンにはオリーブオイルと塩がマイフェイバリット。

スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

【2010/04/25 18:37】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アリス・イン・ワンダーランド
aiw

ほい。観て参りました。記事にするのが一週間ほど遅れましたがw

IMAX3D映画鑑賞第2弾!ティム&ジョニーの新作『アリス・イン・ワンダーランド』です。

原作は言わずもがなイギリスの作家ルイス・キャロルが書いた児童小説の古典『不思議の国のアリス』。

この題材に関しては映画に留まらずマンガや小説など数多くのメディアで料理されていることは周知の通りだと知りつつ、実のところ個人的にはそれほど熱心に『アリス』を読んだ記憶も無く… なんとなく二次利用されているアリスの物語やら何やらがごちゃ混ぜになって脳にインプットされてしまっているのでいまいち本筋のストーリーがどんなものなのかはっきりしていない状態でした。

アリスと聞いて連想するものと言えば、白うさぎ、チェシャ猫、タマゴのおっさん、トランプの兵隊、ティーカップ… ぐらいかなぁ。

まーそんな感じでいろんな意味でおぼろげだったので、改めてアリスの世界観をしっかりと心に焼き付けるにはちょうど良い機会?

とはいえ、今作も原作超アレンジ版なので、一番早い方法は原作を読むことだとは思うんだけどw

アリスの世界観が荒唐無稽なイマジネーションの世界ということは知っているので、愛すべきダークな世界観を映像化することにおいて右に出る者のいないティム・バートン監督にとってはもってこいの素材だなぁと思いました。

今作では主役のアリス以上に目立つ存在としてマッドハッターという登場人物をジョニー・デップが演じていますが、正直マッドハッターというキャラクター自体がほぼ初めまして状態。

そんなキャラクターいたっけ…?w

なにはともあれ、初めてジョニー扮するマッドハッターのスチール写真を見た時はあまりのサイケデリックカラーにかなりぶっ飛んだのを覚えています。

そう!この衝撃!これがまさに今作の全てを物語っていると言ってもいいぐらいにティム版『アリス』を象徴しているんだな。

もともと『アリス』と言えば淡いトーンで描かれた水彩画の様な挿絵が有名で、たぶん世界中のほとんどの人が同じイメージを抱いていたと思うんだけど、ティム版『アリス』はとにかくビビッドでダークな雰囲気で世界が構築されています。でもそれが原作の持つイメージを壊しているかというとそうでもなく、むしろすんなり物語に馴染んでくるから不思議。

実を言うと今作は原作『不思議の国のアリス』の忠実な映画化というわけではなく、『不思議の国のアリス』で登場したアリスが19歳になってから再び不思議の国へ迷い込むというプロット。少女から大人の女性として自立するまでの成長の物語になっています。

今作はIMAX3D対応作品だったこともあり、せっかくなのでIMAX3Dで観てきましたが、アリスが薬を飲んで大きくなったり小さくなったりとか、神出鬼没のチェシャ猫、バンダースナッチやジャバウォッキーとの戦い等、迫力のあるシーンは幾つかあるものの、正直なところコレに関しては特に3D上映でなくても充分に楽しめる内容なんじゃないかと思ったのがホンネ。

なんと言うか、ジョニー・デップやヘレナ・ボナム=カーター等アクの強い個性豊かな俳優陣の演技や、ティム・バートンならではのユニークな映像世界のインパクトが強すぎて、3Dテクノロジーを完全に喰っています。

逆に3D効果に勝っちゃってる状態。

ある意味凄いw 

後で知ったんですが、もともと2Dで撮影したものに対して後日3D処理を施したそうで… 時代の波に乗るのは重要なことだし、市場効果を意識した結果だとは思うんだけど、この先加速度的に増えていくであろう3D映画のことを考えると、やっぱり3Dの特性をどう作品に活かすかという点が最も重要な要素の一つになりそうな気がします。

とはいってもしばらくは何もかもが新鮮で3D対応仕様と銘打ってあったら3Dで観ちゃうんだろうなぁ。

『タイタンの戦い』も楽しみだし。

とりあえず、鑑賞料金をもうちっと値下げして欲しいっすw

レイトショー価格も無効化されるのはキツいぜよ。

ちなみに… 映画館で衝撃だったんですが、ハートのジャックを演じているのは何を隠そう『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のジョージ・マクフライことクリスピン・グローヴァー。(マーティのお父さん役ね)いやーびっくらこいたw いい味出してます。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2010/04/24 19:46】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Mr.W
久しぶりにCM観て感動した。

You Tubeで偶然見つけました♪



上手過ぎる!

思わず拍手w

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/04/23 21:55】 | デザイン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バウンティハンター
ぼんじゅーる!

hb_1

昨夜は毎年恒例の職場のボウリング大会でした。

もーホントに最近はボウリングなんてプライベートでやる機会はほとんど無くて、ここ数年間はずっと、ほぼこの春のボウリング大会のみ、年間プレイ回数1回という状態なんですがw

まーそんな感じなので、毎年ゆるーいテンションで頑張っているんですが…

どーん!!!!

hb_2

優勝賞品でゲットしたホームベーカリー♪

まさかの、チーム優勝だすー!!!! キャーwww!!!!

順位決めのためのスコア計算は毎回2ゲームの合計スコアをチームで平均計算して算出するんだけど、個人的な成績として今回は1ゲーム目はそこそこ頑張ったものの、2ゲーム目がグダグダだったから正直入賞は諦めかけていたので、まさか優勝するなんて思いもよりませんでしたw 優秀なメンバーのおかげです♪ まさにチームの勝利!!

いやー、かなり嬉しいw

ほんと、まさにここ最近ホームベーカリーが欲しいなぁと思っていて、まさかそれが賞品で、獲得できるなんて。

エイプリルフールはもう過ぎたよね?w

ちなみにチーム優勝でも、賞品はそれぞれが貰える仕組み。他にはデジカメやiPodなどがありました。

hb_3

ふむふむ、ここに材料を入れるのね。

hb_5

これで、毎朝焼きたてのパンが食べられるワ♪

めっちゃ楽しみ。

パンが上手に焼けたらまた記事にしてアップしたいと思いマス。

hb_5

ちなみに、2008年は準優勝でジュースミキサーを、2007年もチーム優勝でふとん乾燥機を頂いておりまして。何気に賞金稼ぎのスキルがぐんぐん上昇中。

生活用品が賞品で揃っていく面白い状態になりつつありますw

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/04/17 14:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桜と野球
春ですな。

sakura10_1

まーいろいろあるけど、腐っていても時間がもったいないので、がんばっていきまっしょい!

今年も職場の仲間が野球観戦に誘ってくれたので、行ってきました!

中日対阪神戦です。

デーゲームだけど試合開始は15時からなので、ちょっと早めに出発し、ついでに近所の桜スポットへ行ってプチ撮影大会をしてきました。

sakura10_2

満開じゃ。

sakura10_4

桜はええのう。癒されます。

sakura10_3

写真ではサラッと撮っている感じですが、周りはかなり人で賑わっていて、TV局のクルーもいたりしてちょっとびっくり。

dome_1

今年1回目のドームじゃ。

今のところ自分が観に行った試合は全て勝っているので、今回も波に乗って行きたいところ!

dome_2

このあとブランコのバットが粉々に折れましたw

dome_3

中盤ホントにどうなることかとヒヤヒヤしましたが、なんとか無事に勝利!!

いえい!!

最後は満塁で和田選手だったもんなぁw

dome_4

いやー良い試合でした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/04/04 14:46】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
狂喜
ひゃっほう!!!!

昨年ローズ・ボールで行われたU2のU2360°ツアーがDVD発売決定!!!!

u2360

無条件でテンション上がるわ♪

あー待ち遠しい。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2010/04/02 22:17】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マイレージ、マイライフ
upintheair

ある意味公共の場であると考えているブログでは基本的に、実生活での愚痴は書かないように意識している。

そんなネタを記事にしたところで、よほどの興味本位か物好きな人でなければ読んで気分が良くなるものでもないと思うから。

とはいえ、そんなポーカーフェイスを気取った自分でも実生活への不満やストレスは尽きないのが実情。

ぶっちゃけ、ここ数年で職場でのストレスがいよいよピーク。表面張力を突き破って爆発してしまいそうで、自分をちゃんとコントロール出来るのか正直自信がありません。

もう誰とも会いたくないと思うこともしばしば。

まー、そんな時期にこの映画の予告を観たものだから、そりゃー気になります。

もともと自分自身数々のアメリカン・ニューシネマから人格形成にかなりの影響を受けていることもあり、なんとなくオフビートで反体制的な(一般的なライフスタイルに対して)主人公ライアンに他人とは思えない親近感を抱いてしまったのかもしれないけれど。

自分も旅行が好きで機会を見つけては色んな国へ飛行機の旅をしているものの、この物語の主人公には到底敵わない。

彼は年間322日も出張し、バックパックに入らない人生の荷物は一切背負わないことが信条。

人間関係が人生で最も重い要素であると認識しつつも、全てを背負う必要はないと言い切り、敢えて人との繋がりを避けるようにドライな生活を送る日々。目下一番熱くさせる目標はマイレージの1,000万マイルを達成すること。

これだけ読むと、いかにも個人主義的な引き蘢りタイプの人物に思えてしまうけれど、一応は企業という組織に属してしっかりと仕事をこなしているし社会適応能力が劣っているわけでもない。

演じているのがジョージ・クルーニー兄貴なので第一印象はむしろ魅力的に映るほどの人物。

だけど… こういう所がホントにリアルというか上手だなぁと感じさせるというか、やっぱりね、実際は結構いると思うんですよ。マイレージじゃないにしても、何らかの依存症を抱えた隠れ引き蘢りタイプの大人達が。隠れ引き蘢りという表現が合っているのかどうか判りませんが、少なからずあんまり笑えないレベルでライアンと近い自分を重ねてしまいました。

この映画を監督したジェイソン・ライトマンがモロ自分と同じ世代なので余計に共感を得てしまったのかも知れませんが、物語のテーマを、かつてないほど繋がりが稀薄になりつつある現代社会においても、日常生活において人と人との繋がりがいかに避けられないことであるかという点に置いているということで、やっぱり自分も現代社会の病にどっぷり冒されているんだなぁと身につまされてしまいました。ぐは。onz

まぁ予告映像や告知メディア等で得られる情報からでも充分に作品の軸がはっきりしているので、改めて物語の詳しい内容について深くは触れませんが、とにかく結構な数で心に響く共感シーンがありました。

中でも一番共感した?というかドキッとしたのが、ライアンが結婚式を目前に控えた妹の婚約者を説得するシーン。当時自分も全く同じことを自問自答していたので、やっぱりみんな同じ気持ちで悩むよなぁと変な親近感w

邦題は『マイレージ、マイライフ』というなんとも曖昧なオシャレワードが割り当てられていますが、原題は『UP IN THE AIR』。直訳は『空の上』だけれど、劇中歌からも解る通り転じて『宙ぶらりん』。どちらかというとフワフワしたモラトリアム的な状態のことを指している方が作品に近い意味だと思います。

まーそう考えると自分も大人のフリして真っ当な社会人面していますが、実際のところいまだに『宙ぶらりん』なのかもしれないなぁ… 冗談抜きで。

シャンとした?大人もこの頃バイオリズムが不安定な方も、いろいろと考えさせられることや気付くことが沢山ある作品だと思います。GW前で劇場のラインナップもおとなしめの今、何を観ようか迷ったら是非。

はー、明日もがんばるかぁ…  w

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2010/04/01 00:08】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。