スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2013年、フジロック[その2]
2013年、フジロック[その1]より続き

frf13_15

16時20分 【ORANGE COURT】

やってまいりました、オレンジコート。

もう足下びっしょびしょですわ。
泥水で出来た水溜りの深さがヤバいw
アマゾンの奥地へ赴く某探検隊の気分が味わえたぜ。

frf13_12

なんかここまで来るとまた異世界ですね。独特の雰囲気があって面白いと思います。せっかくなのでさらに奧の STONED CIRCLEと Cafe de Paris テントも観てきました。

とりあえずオレンジコートも観て満足なので、戻ることに。
FIELD OF HEAVEN を抜けて GYPSY AVALON へ。

frf13_20

17時 【GYPSY AVALON】[NGOビレッジ]

間伐材を使って手作りのコースターを作りを体験出来るブースがあったので、やってみた。

全工程を自分自身で行う完全なるDIYで、間伐材の丸太をノコギリで適当な大きさに輪切りにし断面をヤスリがけ、そして焼き鏝で好みのデザインの印を木口に押して焼き付けるという流れ。

『10分ぐらいで簡単に出来ます!』と看板に書いてあったので気軽な気持ちで挑んだものの 予想以上に楽しい & なかなか上手くいかない という要素が絡み、予定より時間を費やしてしまった…

frf13_19

でも、頑張ったかいあってなんとか満足いく形に仕上りました!

さて、急いでグリーンに戻ろう。

あ、そういえば GREEN STAGE に戻る途中にファッションモデルの栗原類に遭遇しました。あまりにもフツーにいたんでビックリした。彼もカール・ハイドを観に来きたのだろうか。

frf13_16

18時30分 【GREEN STAGE】[KARL HYDE]

まったりと音楽に身を委ねてのんびり聴いていたので、ステージ上の詳しい状況は観察せず。でも『EDGELAND』を聴いてソロとしてのカール・ハイドの今作が Underworld の様なダンスミュージックがメインではないことは知っていたので、郷に入っては郷に従うというか、ゆっくり体を休めつつ純粋に音楽を楽しみました。

それでも “Jumbo” を演奏してくれた時はテンションが上がったけれど♪

この日のカール・ハイドは白いシャツに黒のジャケットとパンツ。華美な装飾を取り除いたシンプルで研ぎすまされたステージはオーロラビジョンに映し出される映像もモノトーンで統一されていてとても印象に残りました。

frf13_17

20時20分 【GREEN STAGE】[Björk]

エイミー・マンもそうだったけれど、ビョークもまさかこの目でライブを体験出来るなんて!とこの日が楽しみで仕方がなかったアーティスト。

90's MTV全盛期に代表されるようにミッシェル・ゴンドリーとのミュージックビデオなど、ブラウン管の向こう側の人というイメージが強かった分、実際のパフォーマンスを体験するということ自体がちょっと想像出来なかった自分。それがグリーンステージの目の前で観られるんだからまさにミラクル。

もはや自分の中で定位置となりつつある最前ブロック手前のPA横に位置を確保しつつスタンバイ。もうこの頃には夕方の大雨が嘘のように完全に晴れ空の夜。

1曲目は “Cosmogony” コーラス隊とのハーモニーがもの凄く幻想的でした。
まるで映画『2001年宇宙の旅』に登場するモノリスの音を連想させられる様な神秘的なコーラスw

続いてアルバム『Homogenic』から “Hunter” !
ステージの端から端を駆け回りハットのリズムに合わせて体をクネクネ揺らしながら観客に向かって手を振る踊り(?)が可愛らしかったです。

3曲目からは “Thunderbolt” “Moon” “Crystalline” と基本的には最新作の『Biophilla』を中心としたセットリスト。

特に “Thunderbolt” の演奏時には天井から大きな鉄の籠が降りてきて一体何が起きるんだろうと思っていたら、音に合わせて電極の様な物体から稲妻が発生する仕組みになっていて度肝を抜かれました!リアルタイムに雷を演出するなんて!

後で調べてみたら以前科学系のTV番組で観たことのあるテスラコイルという共振変圧器でした。実際の稲妻の音で演奏するなんて正に発想がサンダーボルト!

このテスラコイルは以降の曲でも何度か登場して、今夜のステージを象徴する舞台装置の1つでした。

“Army Of Me” もカッコ良かったなぁ。そう考えると “Joga” や “One Day” など、昔の曲も演ってくれていたから、『Biophilla』を中心としつつも結構まんべんなく網羅した充実のセットリストだったなぁと改めて思いました。割と前の方の位置で観ていたもののみんな比較的大人しく聴いていて個人的には聴き易かったんですが、“Hyper-ballad” のイントロが聴こえた時はもう「来たなッ!」と思ったとほぼ同時に一気にダンスフロア化したグリーンステージ!みんな跳ねる跳ねる!僕も跳ねたけどw 文字通りここで上がらなきゃいつ上がるの?っていうね。続けざまに “Pluto” “Náttúra” だったからなぁ。 “Pluto” が若干ダブステップにも聴こえる錯覚www それぐらい攻撃的な怒濤のラストでした。

なんだかんだいっても彼女はパンク精神の方ですな (`・ω・´)

そしてアンコールは “Declare Independence” !

間違いなくこの日最高潮のトランスを体験できました。ハイヤー!ハイヤー!

もー凄過ぎるわ。別格。

ビョークは唯一無二の芸術家だということを改めて感じました。

frf13_18

ビョーク終演後はこのまま GREEN STAGE でスペシャルゲストの FEED ME、WHITE STAGE では JURASSIC 5 の演奏がありどちらも凄く興味があったんだけど、お腹が空き過ぎてペコペコだったのでとりあえずオアシスエリアへ。

やっぱりコレは食べとかないと!ってことで毎年恒例のもち豚丼と豚汁雑炊を食べました。

あー生き返るッッ!

この日は雨で体も冷え気味だったので暖かい食べ物はマジで効く。

奧の GAN-BAN SQUAR EからDJの流す “雨上がりの夜空に” が聴こえる。

今年のフジロックも最高でした☆
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/08/04 17:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2013年、フジロック[その1]
frf13_2

夏だ!フェスだ!フジロックだっ!

てことで行ってきました、もうわが家でも恒例となった夏フェス巡礼の旅。
今年は FUJI ROCK FESTIVAL '13 2日目に参加してきました。

奇跡的に快晴が続いた昨年とは違い、今年は例年通りのフジというかちょっと小雨がパラつく感じの空模様でスタート。

frf13_1

今回はオフィシャルTシャツでどうしても欲しいデザインのものがあったので、入場前にショップに並んでグッズ購入。やっぱりそれなりに時間を取られましたが、無事に目当てのアイテムを入手。チケットをリストバンドに交換していざ出陣!

frf13_3

10時頃から雨がパラパラ。入場ゲートをくぐる前に雨具を着用するのは初めてでした。今年は雨具が大活躍する予感がプンプンする。

frf13_4

苗場食堂のあるオアシスエリアで後輩カップルと合流☆
今回はいつもより賑やかで楽しさ倍増!とりあえず4人揃ってビールで乾杯!
苗場の朝に森の中で飲むこの1杯目が超絶に美味いッ!

frf13_5

いつもはもちぶた丼を食べていましたが、今年はRSRの屋台が出張しているのを見つけたのでジンギスカン丼にチャレンジ!言わずもがなウマシャス!

frf13_6

11時50分 【GREEN STAGE】[THE BAWDIES]

朝のエネルギーチャージも完了し、THE BAWDIESを聴きながら椅子を置ける場所を捜す。

観たいアーティストがグリーンに集中していることもあって今年はグリーンの住人と化す予定なのだ。

frf13_7

手頃な場所が見つかったので早速レジャーシート&キャンプ椅子設置。

これで無事に拠点が出来たので、お互い観たいステージがバラけても再度合流がし易くなるかな。

frf13_8

12時30分 【GREEN STAGE】[AIMEE MANN]

2000年に映画館で『マグノリア』を観て以来自分が心を奪われ続け現在に至るエイミー・マン。あれから13年、まさかフジロックで生のステージを観られるとは!事前にFRFのウェブサイトで発表のあったアーティストリストに彼女の名前があるのを発見した時の衝撃はかなりのものでした。よくぞ土曜日に出演してくれた!と感謝です。

グリーンステージでの演奏とはいえ、特に大掛かりなセットや舞台装置はなく、シンプルにギター、ベース、ドラムのみの4人編成で登場。だがそれがいい!彼女の歌声や演奏がより際立つし、より一層楽曲に集中して聴けるというもの。

それにしてもスタイルめちゃええな。スキニージーンズとシャツがとても似合ってた。もうけっこうな年齢だと思うんだけどなぁ。カッコよすぎる!

『THE FORGOTTEN ARM』から “GOODBYE CAROLINE” や『Whatever』から “4th of July” など、新旧織り交ぜて演奏してくれました。そして何より嬉しかったしテンションも上がったのが映画『マグノリア』からお気に入りの3曲“Save Me” “Wise Up” “Deathly” を歌ってくれたこと。特に“Wise Up” は一番好きな曲なので本当に感動しました。

たまに曲と曲の間に起こるファンの声援に対してはにかみながら返事をする仕草がとても印象的だったなぁ。

frf13_9

14時30分 【GREEN STAGE】[奧田民生]

なにせ中学時代にアルバム『PANICK ATACCK』を聴いて以来ずっとユニコーンのファンだから、もうなんとなく年齢も判っちゃうけれど長いですよ、ええ。でもCDはほぼ全部聴き込んでいるもののライブを体験するのは初めてだったりするから余計に感慨深いというかもうシンプルにめちゃくちゃ楽しみ。今回は民生のソロだけどね。

ステージにお揃いのRCMセキュリティパトロールの服を来てメンバーが登場した時は感動しました。そして一曲目は “哀愁の金曜日” もういきなりカッコ良過ぎる!ドラムのリズムとギターのリフが気持ちいい。MCも紛うこと無き民生節!本人曰く「よぼってきましたけれども」と言ってたけれどw でもそう考えると自分達も歳を経てきたわけで…思春期の頃からこの日までの色々な思い出が一気に脳裏を過って不思議な感覚になりました。

でも楽曲は昔に比べればむしろ力強くなってきているし、作品ごとに深みが増してる気がするなぁ。そして尚且ついい具合に力も抜けていっているのが本当に凄いと思う。

来場前に読んでいたフェスエコのインタビュー記事では晴れ男っぷりをアピールしていたけれど、この日は三曲目ぐらいから本格的に雨が降り出して、みんないそいそと雨具を装備。本人も「こんなに雨が降るのは珍しいよ」と少し残念そうだったw でも逆にそれはレアだし、フジロックらしいと思えばこの状況も楽しめる。

セルフカバーの “マイカントリーロード” 良かったなぁ。そして個人的に今最も好きな曲 “風は西から” もめちゃくちゃ良かった。そしてどしゃぶりの大雨の中で大合唱した “さすらい” はこの日一番の思い出になりました。

frf13_10

それにしても雨が凄い!民生終演後は辺り一面レインジャケットだらけ!
でも、これはこれでカラフルで綺麗。圧巻どす。

frf13_11

民族大移動により朝はまだ乾いていた地面が一気にぬかるみに。

frf13_13

この後 FOALS を観ようか凄く迷ったけれど、未だフジの会場で唯一足を踏み入れていない最深部もちょっと観てみたいというのがあって、散歩がてらオレンジコートへ。雨なのにね…

frf13_14

16時 【ところ天国】

そういえば昼食がまだだったので、道中ところ天国へ寄って遅めの昼食、ハッシュドポークパイを食べました。

これもかなり美味しかった。フジの屋台めしはハズレなしなのがスゴい。

2013年、フジロック[その2]へ続く…

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/08/03 14:36】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。