スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
TARSに惚れた
interstellar_p_1

計画通り、クリストファー・ノーラン監督の最新作『INTERSTELLAR』を観てきました!

公開初日朝イチの上映回をIMAXシアターで予約するという万全の態勢!

もう、バッチリ期待に応えてくれる傑作で大満足。

内容がちょっとミステリアスなだけに、ストーリーの軸に関わることについては触れませんが、そういった謎解き要素も含めて面白かったです。

SFファンにとっては、なかなかツボを心得たストーリー展開や登場人物が現れたりして、特に往年の名作『2001年宇宙の旅』や、それこそ『STAR WARS』シリーズに影響を受けて育った世代としては色々な意味で楽しめました。(かなりビックリするサプライズもありw)

予告編を観ただけで涙腺を刺激された自分ですが、実際に観ても… 泣いたさw

ただ、そこからさらに、思っていた以上に話が壮大で面白く、たまに予告映像が結局作品のハイライト全てだったね…という残念なパターンがありますが、今作はその逆で予告映像では全く想像出来ないストーリー展開や迫力映像がたくさんあって、そういう意味ではもう少し色気を出して広告展開をしても良かったんじゃないかなぁと思いました。

とりあえず、あと最低でも2回は観直したい気持ちがありますが、なかなかそうもいかないので早くBDがリリースされないかと心待ちにする今日この頃:)

ちなみにタイトルのTARSについては、映画を観れば解りますw
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2014/11/23 21:31】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。