スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カールじいさんの空飛ぶ家
up

前作『WALL・E』がロボットを主人公にした物語だったのに対して、今作の主人公はなんとおじいさん。

これまでのピクサー作品の特徴としてハチャメチャなアクションの存在が重要なスパイスの一つであることを考えると、果たして78歳のおじいさんにそれが出来るのかなぁ…と心配してしまったけれど、フタを開けたら動く動く!びっくりするぐらい御元気そうで何より的なw

物語序盤ではやっぱり都会に住む偏屈なおじいさんという設定通りの緩慢な動きしか見せないものの、ストーリーが進むにつれて、どんどん動きに躍動感が出てきます。

この辺りの表現は単純に考えてしまうと単にアニメーションだからという言葉で片付けられてしまいそうですが、年齢はさておいて、人生に疲れてしまい自分の殻に閉じこもってしまった人間と、目標を見出して前に進もうとする人間では、バイタリティーの発揮の仕方がどれほど変化するのかを、これでもかというぐらい解り易く理解させてくれます。

一見するとちょっとオーバーリアクションかなと思う様なシーンでも強ち誇張した表現ではないのかもしれないと思いました。

アニメーションという表現媒体を扱いながら、その辺りをリアルな感覚以上にスッと観客に染み込ませるところは、正にピクサーの真骨頂ですね。

特に家の家財道具を全て放り出して家を再浮上させるシーンでは思わず涙が出そうになりました。実際にはその直前にあるエリーの冒険ノートのシーンで既に号泣でしたけどね…w

涙といえば、冒頭のモンタージュシーンも凄く上手に作られていてとても良かったです。

音楽を中心に構成されていてほとんど台詞が無いものの、カールが現在のおじいさんになるまでの人生の経緯がぎゅっと凝縮されています。

結構シリアスな内容も含まれていたので、普通にドラマ仕立てで語るとますます重くなりそうな回顧録を、短い時間で要点を確実に伝えるのには最適な表現手段かも。物語のプロローグとしては冒険の前にカールじいさんの人物設定を観客にインプットさせるという点において完璧な役割を果たしていました。

ちなみに、今回の作品は3D上映システム対応ということだったので、先日の『U23D』に続き、3D上映対応の劇場で観賞してきました!

やっぱり3D上映になることを考慮してのテーマ選びもあったのかどうかは判りませんが、今回の風船と風の力で家を大空に飛ばすという表現は3D感を実感するにはもってこいの題材の様で、スクリーンに映し出される映像の遠近感、特に飛行アクションのシーンではそれが凄く良く伝わってきてとても新鮮でした。

これで個人的には、ライブ映画としての『U23D』アニメーション映画としての今作に引き続き、いよいよ大本命!超アクション大作映画としての『AVATAR』へ… 3D映画鑑賞への道としては充分過ぎる程体が暖まってきましたw

さーて、次の3DはいよいよIMAX 3Dだ!!

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2009/12/06 23:56】 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<ようこそ未来! | ホーム | 2012>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://livrelivelog.blog96.fc2.com/tb.php/285-ac3b577b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
avatar ゲーム
アバターの作り方を教えて下さい!! http://avatar.yahoo.co.jp/ &uarr;先程ここ... アバターの作り方を教えて下さい!! http://avatar.yahoo.co.jp/ ↑先程ここで無料のアイテムだけでで作ったのですが知恵袋内で表示されません。。。(続きを読む) 映画の『AVATAR』?... すぐ知りたい!今日気になるニュース【2009/12/26 19:24】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。